京阪電車のスカート切り裂き魔 余罪多数

電車の中で女子高生のスカートを切り裂き、体に触った容疑で23歳の男が逮捕されています。電車の中で同様の被害に遭ったとする届けがいくつもあり、逮捕された加久翔人容疑者には相当の余罪があるものと思われます


9月、大阪府内を走る京阪電車の中で、女子高校生のスカートを切り、下半身を触ったとして、器物損壊と強制わいせつの疑いで23歳の男が逮捕されました。
逮捕されたのは、門真市の無職、加久翔人容疑者です。警察によりますと、加久容疑者は9月、大阪府内を走る京阪電車の中で、10代の女子高校生のスカートをハサミで切り、開いた穴から手を入れて下半身を触った疑いです。
加久容疑者は容疑を認めていて「最初はスカートの外から触っていたが、満足できなくなった」などと供述しているといいます。
丸井雄生記者「電車で女性がスカートを切られる被害は、今年8月以降、相次いで起きていました」
京阪電車の車内や駅では、8月から9月にかけて朝の混雑する時間帯に、女性がスカートを切られたり、下半身を触られたりする被害が他にも7件起きていて、警察は、加久容疑者による犯行とみて調べています。
加久容疑者は9月、大阪府内の路上で、女子高校生の下半身を触ったうえ、転倒させケガをさせたとして、強制わいせつ致傷の罪で逮捕・起訴されていました。
(読売新聞の記事から引用)


制服のスカートだってタダではないわけで、買い直すにもお金がかかります
ヤフーニュースのコメント欄には加久翔人容疑者が再犯であると指摘するコメントがありますので、引用します

この人再犯です。
うちの娘も3年前(高1の時)、京阪電車のエスカレーターで30㎝以上、スカートを切られて帰ってきました。
びっくりして、京阪電車と枚方警察に連絡し、娘が顔を見ていたので、似顔絵、写真と色々大変な作業をし、被害届けを出してこの人は捕まりました。彼は当時20歳でした。
その時も被害者は5人で、うちの娘が5人目でした。
おとなしそうな子を狙った、との事でしたが、、。犯人の親御さんも知らん顔でスカート代の弁償もして貰えなかったのを覚えています。
今回はニュースになり、顔が出たのですね。
大きな裁ち鋏で切られた様なので、怪我が無く本当に良かったのですがー
又、やったと思うと、怖い事件です。

前回の事件(逮捕は2020年)で十数件の余罪があったと報道されています。体に触ったという痴漢行為だけなら迷惑防止条例違反で罰金刑で済む場合もありますが、器物損壊も加わるとどのような扱いだったのでしょうか?
おそらく執行猶予付きの実刑判決だったのではないか、と推測します。ならば加久容疑者は現在執行猶予中、と考えられます
今度は実刑で懲役3年から4年の刑になるものと予想します。が、前回十数件もの切り裂き・痴漢事件で逮捕されたのですから、性依存症の治療を受けるなり、何らかの対応をしなかったのでしょうか?
家族と同居しているのなら、家族が治療を受けるよう説得するべきです。まさか説諭して終わり、とか
そして現時点でも無職のまま、昼間は出歩いて痴漢行為にふけっていたのですから呆れます。就労を促し、額に汗して働くよう強く働きかける必要があったわけで
加久容疑者の名字は珍しい名字であり、全国で200人もいないそうです。門真市や大阪周辺にいる加久姓の人は親戚かと疑われるかもしれません

(関連記事)
痴漢と疑われ逃走 転落死(横浜)
小学生に痴漢で逮捕の防衛省課長 示談で不起訴
防衛省キャリア課長が痴漢で逮捕
電車で女子中学生に体液 元教頭は罰金40万円
電車で女子中学生に体液 教頭は懲戒免職
大阪の小学校教頭 路上で女性の下半身触り逮捕
日立の企画本部長がチンチン出して逮捕 その後は
ヒステリックブルーのナオキ 懲役1年2か月の実刑判決
ヒステリックブルーのナオキ 再犯に至る事情
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつでまた逮捕

この記事へのトラックバック