同志社大アメフト部強姦事件 「認識の違い」と否認か?

同志社大学のアメリカンフットボール部に所属する4年生の4人が、スポーツバーで女子大生に酒を酔わせて酩酊させ、自宅マンションに連れ込んで強姦したとして逮捕されています
週刊女性の記事によれば、逮捕された4人は「合意の上で性行為に及んだが、彼女との間に認識の違いがあったのかもしれない」と犯罪性を否定する供述をしているのだとか
このまま、逃げ切り不起訴に持ち込むのでしょうか?


「男性4人が女性1人を襲うという悪質極まりない事件。容疑者らには必ず刑罰を受けてほしいのですが……」
そう言い淀むのは、元大阪府警刑事の犯罪ジャーナリスト・中島正純氏。
9月8日、酒に酔った女子大生に集団で性的暴行を加えたとして、京都府警は同志社大学のアメリカンフットボール部に所属する片井裕貴容疑者(21)、山田悠護容疑者(21)、濱田健容疑者(22)、牧野稜容疑者(21)の4人を準強制性交の疑いで逮捕した。
容疑者らは行為自体を認めつつも「女性と認識の違いがあったかもしれない」などと供述しているというが、
「犯行現場となった片井容疑者宅の付近にある防犯カメラに、泥酔する被害女性を4人が抱きかかえて部屋に連れ込む様子が映っていた。さらには、1時間にわたって4人がかわるがわる性的暴行を加えた様子を撮影した容疑者のスマートフォンも押収されている」(捜査関係者)
揺るぎない証拠がそろっていて、どう考えても“認識の違い”などでは言い逃れできるとは思えないが……。
「性犯罪は不起訴、もしくは起訴猶予処分になるケースが多いんです」
と、冒頭の中島氏は語気を強める。一体なぜなのか。
逮捕後、容疑者らは送検されると検察官によって勾留期間が満了するまでの間に、起訴するかどうかを判断されるのだが、
「起訴されるまでの最大20日間のうちに、容疑者の弁護士はなんとか示談に持ち込もうと被害女性側にアプローチするでしょう」(中島氏、以下同)
“意地悪”な交渉をしてくる弁護士は多いという。
示談に持ち込む強力な弁護士
「“本当に合意はなかったのか”“容疑者らにどんな行為をされたのか”。性犯罪は裁判で事件の詳細について根掘り葉掘り聞かれます。弁護士はそこを突いてきて、被害女性とその家族に“セカンドレイプに耐えられるのか”と投げかけ、追い込んでくる。
今回の容疑者らは名門大学のご子息。示談に持ち込むのを得意とする強力な弁護士をつけることでしょう」
“お金を取れるだけ取りましょう“と被害者側に寄り添うフリをする弁護士もいるという。
今回のように、たとえ決定的証拠がそろっていて必ず立件できる事件でも、被害女性が示談を受け入れて被害届けを取り下げてしまったら、容疑者を法で裁くことはできなくなる。
「被害女性の気持ちを考えると容易くは言えませんが……私は彼女に強い処罰意識を持ってほしいと思っています」
容疑者らが口をそろえて“認識の違い”と供述したのも、弁護士の入れ知恵なのか。容疑者らは刑事事件で裁かれ、犯した罪ときちんと向き合ってほしい。
(週刊女性の記事から引用)


示談するのも被害者の意志であり、示談が悪いと決めつけるわけにはいきません。4人の学生にすれば何としてでも「性犯罪者として起訴され、有罪判決を受ける」事態だけは避けたいのでしょう
ただ、4人の学生の思惑通りに示談がまとまるとも思えません
被害者は泥酔した状態でしたから、とても合意の上で性行為をしたと認められる状況ではなかったはずです。もちろん、4人の学生にしても被害者の同意を取り付ける気など最初からなく、抵抗できない状態になるまで酔わせれば自分たちの思い通りにできると考えたわけで
ただ、一般論として女性が4人の男性相手の性行為を簡単に受諾したりはしないのであり、彼らの言い分は最初から無理があります
なので、「合意があったから問題はない。が、不快に思ったのであれば多少なりとも慰謝料を支払う」などという上から目線の示談に応じるはずはなく、最低でも害意(危害を加える意図)を認めて謝罪の弁を述べなければ示談にならないでしょう
他方で4人の学生は害意を認めたくないため、もめることになります
しかし、検察が起訴を決める前に示談を成立させなければならないという時間の制約が加害者側にはあります。なので有能な弁護士がついていれば万事解決とはならず、どこかで妥協する必要が生じます
また、示談の条件として加害者側は、「4人の前途ある学生の今後を考え、刑事罰を科すのを望まない」と被害者側に一筆書くよう求めます。この書面を検事に提出し、不起訴処分にしてもらうのですから、絶対に必要です。が、被害者がこれを拒み、示談交渉が白紙に戻る場合もあるためすんなりとはいきません
また、4人の学生はすでに就職内定を得ていたそうですが、逮捕された時点で顔写真も氏名も出てしまっており、たとえ不起訴になっても企業側が内定を取り消す可能性が残ります。まあ、すんなりと内定企業に就職とはいかないはずです

(関連記事)
同志社大アメフト部強姦事件 アメフト部が活動再開へ
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/493430372.html
同志社大アメフト部強姦事件 4人の被告「法廷で争う」
同志社大アメフト部強姦事件 友達にそそのかされた?
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202210article_2.html
同志社大アメフト部 強姦容疑で4人逮捕
京都教育大学集団強姦事件を考える9 学生は不起訴処分
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202210article_49.html
京都教大集団強姦事件を考える 6
京都教大集団強姦事件を考える
滋賀医科大学強姦事件 長田被告の公判(続き)
滋賀医科大学強姦事件 長田被告の公判
滋賀医科大学強姦事件 医者の息子たちの犯行
滋賀医科大強姦事件 3人目の逮捕者
滋賀医科大生の2人 強姦容疑で逮捕
千葉大医学部集団強姦事件を考える 吉元被告に懲役6年求刑
千葉大医学部集団強姦事件を考える 山田被告に懲役3年実刑
千葉大医学部集団強姦事件を考える 増田・藤坂被告に有罪判決
千葉大医学部集団強姦事件を考える 容疑者の氏名発表
千葉大医学部集団強姦事件を考える 逮捕者は名門家系の息子
東大集団淫行事件 3人を退学処分に
泥酔させた女子大生に淫行した東大生 5人逮捕も起訴は3人

この記事へのトラックバック