給食に漂白剤混入 女性教師逮捕

埼玉県富士見市の市立水谷東小学校で、女性教諭が給食のカレーに漂白剤を混入させたとして威力業務妨害容疑で逮捕されています
24歳という半澤彩奈容疑者は、クラス担任を外されたのを不満に思い、学校で騒ぎを起こそうとしたものと思われます。それでクラス担任に返り咲けるわけもなく、明らかに思慮を欠いた行動です


今月15日、埼玉県内の小学校で、給食のカレーが入った缶に塩素系の漂白剤を入れたとしてこの学校に勤める24歳の教員が威力業務妨害の疑いで逮捕されました。
食べる前に異臭に気付いたため児童らはカレーを食べておらず、健康被害はありませんでした。
逮捕されたのは、埼玉県富士見市にある市立水谷東小学校の教員、半澤彩奈容疑者(24)です。
今月15日午前11時15分ごろから午後0時20分ごろの間に、小学校の廊下に置かれていた配膳前の給食のカレーが入った缶に塩素系の漂白剤を入れ、全校児童の安否確認を余儀なくさせるなど、学校の業務を妨害したとして威力業務妨害の疑いがもたれています。
児童らはカレーの入った缶を教室の中に運び入れた際に異臭に気付いたため、カレーを食べず、健康被害もありませんでした。
警察が聞き取りをしたところ、教員が薬局で購入した漂白剤を入れたことを認めたということです。
警察の調べに対し「ことし3月まで受け持っていたクラスの担任を今年度も担当させてもらえなかったことがくやしく、このクラスのカレーに漂白剤を入れた」と話しているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。
(NHKの記事から引用)


教師による体罰、ハラスメントではなく、給食に漂白剤を混入させるという、いわば不特定多数の児童を狙ったテロのような事件です
なので、「不満があった」とか「うっぷんを晴らすため」という軽い扱いで済ませるわけにはいきません。カレーを食べた児童はいなかったとしても、教師から自分たちが標的にされたと知ればこどもたちが不安を抱くのは当然です
半澤容疑者が担任を外されたのは、相応の理由があってではないかと思われます(今回の犯行を見る限り、心情的に不安定な人だったのでは?)
大学を出たばかりで右も左も分からない新人教師を担任にするというのはかなり無茶な行いに映るのですが、埼玉県では当たり前なのでしょうか?
採用から2年~3年は副担任とか経験させ、それからクラス担任にするといったやり方はしていないのか、疑問です(小学生のクラス担任だから新人でも構わないだろう、とナメた判断かもしれません)
ともあれ、半澤容疑者は教員としての資質を欠いているのは明らかであり、二度と教壇に立つべきではありません。教育委員会としても彼女を懲戒免職にするでしょう
ただ、事件を起こしたから放り出すのではなく、新人教師をどう育成するか、その仕組みについては十分検討し、検証する必要があると感じます。まあ、教育委員会はやらないと思いますが

(関連記事)
給食に漂白剤 女教師への減刑嘆願活動?
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202209article_41.html
児童を黒板に叩きつけた教師に有罪判決
児童の頭を黒板に叩きつけた教師 停職処分で辞任
児童を黒板に叩きつける 豊橋の小学校教諭
福井中学生自殺 担任の?な釈明
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師
大分竹田高校体罰死事件を考える 顧問の独善
岡山操山高野球部員自殺 部監督を懲戒免職にしない理由
岡山操山高野球部員自殺 部監督は停職3カ月処分
中学教師体罰 全治3カ月の重傷で逮捕
中学体罰教師 上野宝博を傷害で起訴
秀岳館高校サッカー部 コーチが繰り返し体罰
岩手県立高体罰事件を考える 顧問教師の責任は?
聖カタリナ学園高校セクハラ教師を解雇
桜宮高校 体罰で生徒が自殺
桜宮高校 体罰教師を咎めなかった事情

この記事へのトラックバック