「夫は暴力団員」を否定し続ける野田聖子議員

野田聖子前地方創生・少子化対策・男女共同参画担当大臣の夫が暴力団員であるとして週刊誌の記事に対し、名誉毀損として損害賠償を求めていた裁判の最高裁判決があり、野田氏の夫である信夫氏の上告は棄却され、信夫氏が元暴力団員であるとした記事は信憑性があるとの判断が確定しています
しかし、野田聖子前大臣はいまだに夫を信じていると公言し、反社会勢力の一員だったと認めずにいます。結果として野田前大臣が今後政治活動を継続しようとも、総理大臣になる可能性は皆無でしょう
以下、週刊女性の記事から一部を引用します


野田聖子 “夫が元暴力団員”判決に反論も大臣職失い「政治家どころか人として信用できない」の声
夫・信夫氏が元暴力団員だったという過去を報じた『週刊文春』『週刊新潮』に対して、それぞれの発行元に名誉を毀損されたとして1100万円の損害賠償を求めた裁判。最高裁は8月8日、原告である信夫氏側の上告を棄却した。
つまりは「野田議員の夫が元暴力団員であることは真実」とする判決を下したのだ。
「報道があったのは2018年で、その後も大臣職を務めたり、自民党総裁選にも出馬するなど政界で存在感を示していた野田議員。一方で、信夫氏の訴訟には“夫を信じている”と主張し続け、さらには自身のブログで文春の証拠資料を《怪文書》などと言い放ってみせたのです」(全国紙政治部記者)
ところが、蓋を開けてみれば、今年2月の1審でも最高裁が下したのは、信夫氏が暴力団に所属していたことに「真実相当性がある」との判決。この直後の週刊文春の取材に野田議員は、
《訴訟の当事者ではないので、回答する立場にありません》などと答えていたよう。この代議士の対応にキー局・報道部ディレクターは苦笑する。
「当事者ではなくとも配偶者ですよ。“夫を信じている”と啖呵を切った割には無責任な回答を思われても致し方ない。そもそも夫婦生活を送っていれば、それなりに夫の過去も見えてきそうなものですし、もしも寝耳に水ならば夫にあらためて聞けばいい。
国民の血税で生活を賄っている政治家である以上は、配偶者の潔白を晴らすことは当然に思えます。ましてや“回答する立場にありません”とは、政治家として職務放棄と思われてしまいますよ」
政治家どうこうより人として信用できない
8月9日に『文春オンライン』よって判決のニュースが伝えられると、ネット上では当然のごとく野田議員の対応に懐疑の声が向けられている。
《野田氏の夫が元暴力団員で有ることが最高裁で判決決定ならば、野田氏がなぜ、経緯を説明ないのかが理解できない》
《答える立場にないとか、逃げの姿勢を見せてる段階で、政治家どうこうよりも、人として信用できない》
《まさか野田さんは自分の夫が「元暴力団だとは知らなかった」とは言いませんよね。その上で、閣僚の一人として、平気で嘘を付いたのは言語道断であり、大臣という責務が今後務まるのかどうか岸田さんの信用問題にもなります》
国民に残る最高裁で“負けた”イメージ
「どうも知人やら、会社関係者やらの話として、信夫氏が【暴力団との関係もなかったことを明らかにしていただきました】と、まるで週刊誌の匿名証言ですね(苦笑)。さらには京都府警の捜査員によって、週刊誌のネタ元とされる【人物が偽証したものと考えていたとの見解を頂いています】とした上で、最高裁はこれらの事実を踏まえていないと訴えています。
しかし、結局は第三者からの“反論”止まりで、夫の無実を証明することができなかったわけです。ダンマリから一転して擁護を始めた野田さんですが、最高裁で“負けた”イメージは強く、国民からの信用と信頼を損なってしまうかもしれません」(前出・報道部ディレクター)
野田議員のブログ更新から約2時間後、岸田文雄首相による第2次岸田改造内閣が正式発足した。1998年の小渕恵三内閣で当時史上最年少で大臣に抜擢され、以降も各内閣で要職を任されてきた野田議員だが、改造内閣には彼女の名前はない。
“日本初の女性内閣総理大臣”にもっとも近いとされる野田議員だが、国民はもとより、ますは夫の声に耳を傾けた方がよさそうだ。


裁判では信夫氏が所属していた暴力団の元組長が証言に立ち、組員だったと認める発言をしています。上記の記事では野田前大臣が「この元組長が偽証した」と主張しているわけですが、既に死亡しているためいまさら偽証には問えません
京都府警の捜査員が「偽証したものと考えている」と野田前大臣に伝えたとされますが、どこの誰なのか名前も出さない匿名の警察官の言い分など証拠能力は皆無です
野田前大臣がブログであれこれ反論するのではなく、なぜ裁判の場で反論しなかったのでしょうか?
挙句の果てに最高裁判決を否定するような発言をしており、国会議員として裁判所を否定するのは論外でしょう
これで野田前大臣の夫は元暴力団員であると世間には認識されるのであり、いくらブログで否定しても通用しません

(関連記事)
野田聖子議員 「夫は暴力団ではない」と足掻く
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/497153132.html
野田聖子は首相候補にふさわしいのか?
次の首相は野田聖子、と持ち上げる提灯記事
野田聖子迷走 総裁選立候補ならず?
野田総務大臣 仮想通貨取引で金融庁に圧力
「南沙諸島問題は日本に無関係」と発言する野田聖子
自民総裁選狙う野田聖子 何がしたいのか不明
「田中角栄ブーム」と呼ばれるもの
「安倍総理は憲法学者の名前を知らない」と」批判されるが
小渕経産相と松島法相辞任を考える
世襲政治批判する評論家も居酒屋談義レベル
世襲制を批判していた人が
被災地視察でおんぶ 務台政務官に批判殺到
政界失楽園 中川郁子政務官路上キス事件
国会サボってデート 上西小百合衆院議員
不倫しまくり宮崎謙介議員 あっさりと辞職
民主党外務政務官 海外出張でエステに買い物三昧
岸田首相が長男を政務担当首相秘書官に

この記事へのトラックバック