韓国の月探査機 アメリカが打ち上げ

韓国メディアは「韓国初の月探査機の打ち上げに成功した」と大々的に報じています。打ち上げを担当したのはスペースX社の「ファルコン9」ロケットであり、打ち上げの管制も探査機の軌道投入もアメリカが担当しています。つまり韓国の宇宙技術というものが関与していないのであり、よくもこれで大喜びできるものだと呆れます
ちなみに打ち上げた探査機もヨーロッパの宇宙・航空メーカー「タレス」の開発した汎用型人工衛星を改良したものです。ネジ1本でも韓国産の部品が使われたなら、「すべて韓国の技術で開発した探査機」と宣伝する国です。ほとんどの国民は素朴に、「韓国が設計し、製造した探査機」だと信じているのでしょう


韓国初の月探査衛星が月に向かって打ち上げられた。
韓国型月軌道衛星「タヌリ」は5日午前8時8分(米国東部時間4日午後7時8分)ごろ、米国フロリダ州ケープカナベラル宇宙軍基地からスペースXのロケット「ファルコン9」に搭載されて打ち上げられた。タヌリは4カ月間宇宙を旅して今年12月16日に月軌道に到着する予定だ。
タヌリは打ち上げ40分以降の午前8時47分ごろ、地球表面から約1656キロメートル離れた地点でロケットと分離し、その時から決められた軌跡に沿って移動する。
地上局と初めて交信するのは打ち上げ1時間以降で、科学技術情報通信部は午前9時10分を前後して交信結果を伝える予定だ。
タヌリは地球から約38万キロメートル離れた月に直行せずにひとまず太陽側に進み、最大156万キロメートルまで距離を広げて、蝶模様あるいは「∞」字の軌跡を描いて再び地球側に戻って月に接近する予定だ。
タヌリがこのような「弾道型月転移方式」の軌跡に計画通り正常に入ったかどうか研究陣が判断するには打ち上げ後2~3時間待たなければならない。すなわち午前10~11時ごろになってこそ、ある程度予測が可能になるということだ。
科学技術情報通信部は研究陣が判断した結果に基づいてこの日午後2時ごろに記者会見を開いてタヌリの軌跡進入成功について発表する計画だ。
タヌリが12月に成功裏に月に到着して探査任務を始めれば韓国は米国・ロシア・欧州・日本・中国・インドに続き7番目の月探査国になる。
(中央日報の記事から引用)


この遠回りして月へ到達する軌道を利用する例は過去にもあり、日本では1990年に打ち上げた工学実験衛星「ひてん」が月周回軌道投入実験として月に到達しています(使用したのは国産のM-3SIIロケット)
韓国では先日、ロケットの打ち上げに成功したところですが、まだ人工衛星や探査機を打ち上げられるほどの信頼性はなく、これから数度、打ち上げ試験を繰り返さなければなりません
今回の月周回探査機の打ち上げはアメリカ主導の「アルテミス計画」の一貫です。月を回る軌道上に有人の宇宙ステーションを設け、月面にも有人基地を建設し、将来の火星探査の起点にしようという壮大な計画であり、多額の費用分担が求められます
当初、韓国はアルテミス計画に不参加でしたが、おそらく今回のミッションで費用を負担することを条件に参加に認められたのでしょう。打ち上げたロケットもアメリカ製なら、軌道投入の管制もアメリカが行うという形態なのですが、韓国はそれでも「自国の探査機を月に送り込んだ」と自慢できるので費用を負担しているのでしょう
それで「宇宙強国の仲間入りを果たした」と口にできるのですから、安い出費かもしれません

(関連記事)
韓国版NASA(宇宙庁)を5月に設立
日本の月探査試験機 月面着陸するも不具合発生
日本の月探査試験機 月周回軌道に乗る
月探査機打ち上げた日本を羨む韓国
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/500669783.html
韓国 月面探査が2030年以降へ大幅遅延
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/201711article_29.html
2020年に月面着陸を目指す韓国
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/201307article_3.html
韓国の2016年月面探査計画
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/201201article_44.html
日本の月面探査計画に怒る韓国
日本が月面探査に乗り出す
韓国ロケット打ち上げ 衛星の軌道投入失敗
月面探査「アルテミス計画」参加できない韓国
韓国 国産通信衛星の開発に着手?
インドの月探査機 着陸失敗、月面で大破
日本の有人月面着陸計画
中国の無人月探査機 着陸に成功
韓国「宇宙開発の遅れ このままでは乞食になる」
迷走する韓国の宇宙計画
月探査機「かぐや」 全長50キロの空洞発見
「準天頂衛星みちびきで日本が弾道ミサイル装備」と中国メディア
準天頂衛星「みちびき」を戦争準備だと批判する北朝鮮と中国
韓国「偵察衛星が必要ニダ」といまさら騒ぐ
新型ロケット「イプシロン」成功を妬む韓国
ロケット開発焦る韓国 トラブル続出で打上げを10ケ月先送り
韓国が米と宇宙技術協力協定締結 NASAの技術入手と浮かれる

この記事へのトラックバック