福岡5歳児餓死事件 懲役5年を不服として控訴

こどもに十分な食事を与えず、栄養失調で死亡させた碇利恵被告が先日懲役5年の実刑判決(求刑は懲役10年)を受けたところですが、判決を不服として控訴しています。弁護人によれば執行猶予付き判決を求めているのだとか
求刑が懲役10年で判決は懲役5年です。半額の大幅割引判決になったのですが、不服なのでしょう


篠栗町でいわゆる「ママ友」だった知人のうそを信じ、5歳の3男に十分な食事を与えず餓死させた罪に問われ1審で実刑判決を言い渡された母親の裁判で、弁護側が懲役5年の判決を不服として控訴しました。
福岡県篠栗町の碇利恵被告(40)は、いわゆる「ママ友」だった赤堀恵美子被告(49)のうそを信じるなどして生活全般を支配された末、おととし4月、3男の碇翔士郎くんの(5)食事の量や回数を減らし餓死させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われました。
1審の裁判員裁判で検察が懲役10年を求刑する一方、弁護側は執行猶予のついた判決を求め、福岡地方裁判所は先月17日、懲役5年の判決を言い渡していました。
検察は控訴を見送りましたが、弁護側が1審の判決を不服としてきょうまでに福岡高等裁判所に控訴しました。
保護責任者遺棄致死などの罪に問われている「ママ友」の赤堀被告の裁判は、来月29日から福岡地裁で開かれることになっています。
(NHKの記事から引用)


赤堀恵美子被告による洗脳で従属的に保護責任者遺棄致死に関与してしまったのであり、「碇被告自身が被害者」との思いが強いのでしょうか?
赤堀被告の責任は別途、来月の公判で問われるとして、碇被告の責任はどうであったのか?
「騙されないように注意を払いこどもを守る義務があった」というのが、保護責任者遺棄致死罪の考え方だと思います
特に幼児の場合、親の手によって守られなければ死んでしまいます。なので、「騙されたから仕方がない」とか、「騙したやつが悪い」と責任を転嫁してしまってはこどもが守れません。碇被告にも親としてこどもを守り育てる義務(あるいは使命)があったのですから、赤堀被告の言いなりになってはいけなかったのです
赤堀被告の方は、「碇被告を洗脳していない」と言い張っており、無罪を主張して裁判を闘うものと予想されています。しかし、口を開けば嘘をつくような赤堀被告の主張が裁判で通用するはずはないのであり、懲役10年以上が求刑されるでしょう。赤堀被告は、「なぜ自分の方が碇被告より重罪に問われるのか?」と憤慨するでしょうが、この事件の主犯は間違いなく赤堀被告であり、より重く罰せられるのは当然です

(関連記事)
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告に懲役15年判決
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202209article_38.html
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告が判決前に語る
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202209article_35.html
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告と夫の無罪主張
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202209article_22.html
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告に懲役15年求刑
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202209article_13.html
福岡5歳児餓死事件 ママ友対決
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202209article_5.html
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告公判で容疑否認
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202208article_51.html
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告裁判は8月29日から
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202208article_23.html
福岡5歳児餓死事件 母親に懲役5年判決
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告証言拒否
福岡5歳児餓死事件 借金まみれの赤堀容疑者
福岡5歳児餓死事件 虚言癖の赤堀容疑者
福岡5歳児餓死事件 児童相談所は容態を確認せず
福岡5歳児餓死事件 ママ友による洗脳か
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待は経済格差のせい?
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 判決不服で控訴
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役18年求刑
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 公判で虐待認める
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
大阪幼児餓死事件を考える1 厳しい家庭で育ったはずなのに
大阪幼児餓死事件を考える2 下村容疑者の生い立ち
大阪幼児餓死事件を考える10 下村被告の実父が証言台に
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決

この記事へのトラックバック