裏口入学事件 文部省元局長に有罪判決

受託収賄の罪に問われた文部科学省科学技術・学術政策局長だった佐野太被告に、東京地方裁判所は執行猶予の付いた懲役2年6か月の有罪判決を言い渡しました。
東京医科大学を文部科学省の支援校に決定する見返りとして、佐野被告は次男を不正に合格させるよう図ったところが受託収賄に当たるとして起訴されたものです
次男はあくまで実力で合格したと主張していますが、裁判官は不正に加点し合格させたものと認定しています


文部科学省の私立大学支援事業で東京医科大に便宜を図る見返りに、同大の入試で次男を合格させてもらったとして、受託収賄罪に問われた同省の元科学技術・学術政策局長・佐野太被告(62)に対し、東京地裁(西野吾一裁判長)は20日、懲役2年6カ月執行猶予5年(求刑懲役2年6カ月)の有罪判決を言い渡した。
贈賄罪に問われた同大前理事長の臼井正彦被告(81)には懲役1年6カ月執行猶予4年(求刑懲役1年6カ月)、前学長の鈴木衛被告(73)には懲役1年執行猶予2年(求刑懲役1年)、受託収賄幇助(ほうじょ)などの罪に問われたコンサル会社元役員の谷口浩司被告(51)には懲役2年執行猶予5年(求刑懲役2年)を言い渡した。
佐野元局長は公判で「息子への加点は知らなかった」と無罪を主張した。臼井前理事長ら3人も「加点は元局長に伝えていない」などと起訴内容を否認していた。
起訴状によると、佐野元局長は同省官房長だった2017年5月、臼井前理事長から、独自色がある私大の研究を国が支援する「私立大学研究ブランディング事業」の選定で便宜を図ってほしいと依頼された。
佐野元局長は、翌6月に谷口元役員を通して事業計画書の書き方などを助言。18年2月、見返りとして同大医学部を受験した次男の点数の加点を受け、不正に合格させてもらったとされる。
検察側は、佐野元局長が臼井前理事長から次男の受験について「来年は絶対大丈夫」と伝えられていたことなどから、「優遇措置を講じて合格させてくれる可能性を認識していた」と主張。不正入試は「多くの受験生らに多大な不公平感をもたらす」と批判した。
佐野元局長は「不正をしてまで合格させたいと考えていない」と無罪を訴えた。支援事業についても選定の職務権限はなく、入試での加点を「賄賂とは認識していない」と述べた。
東京地検特捜部は18年7月に、佐野元局長と谷口元役員を逮捕・起訴、臼井前理事長と鈴木前学長を在宅起訴していた。
(朝日新聞の記事から引用)


ようやく1審判決が出ました。起訴されたのは2018年であり、控訴して高裁で争うなら不正に合格した次男は医大の卒業試験を受け、これにパスしたなら医師の国家試験を受験するのでしょう。本来なら点数不足で医学部に入れない人物が、です
東京医大は入学させた責任があるとして、次男を退学処分にはしていません。その対応が正しいのか、甚だ疑問です(退学処分となれば、佐野太と次男は東京医大を相手取って処分取り消しを求め訴訟を起こすのでしょう)
現在でも次男は、同級生や先輩後輩から、「不正入学した奴」と言われるのではないでしょうか
よくもまあ、そんな人生を選ぶものだと呆れます
佐野被告は定年退官間際の逮捕でしたので、退職金の支払いは保留されていました。有罪判決が出たので懲戒免職処分となり、退職金は支払われません

(関連記事)
裏口入学事件 文部省元局長の判決は7月20日
裏口入学事件 「裏口入学と言われ悔しい」
裏口入学事件 佐野被告息子も公判で裏口入学否定
裏口入学事件 佐野太ら公判で無罪を主張
裏口入学事件 文科省佐野太は無罪を主張か
東京医科大裏口入学 2年間で19人も
裏口入学事件 文科省局長佐野太の闇
東京医大 裏口入学毎年10人
文部省局長 収賄と息子の裏口入学で逮捕
スタンフォード大裏口入学に7億円払った中国人
「民進党代表に前川喜平が相応しい」と書くトンデモ記事
出会い系バー通いの前川元文部次官 「貧困調査」と釈明
「出会い系バーに入り浸った」前文部省次官の釈明
文部省天下り問題 官僚が早大教授になる不思議
文部省天下り疑惑 事務次官引責辞任
中国のスパイが農水省幹部に接触・機密入手
厚生省マイナンバー汚職を考える1 異色の官僚
厚生省マイナンバー汚職を考える2 中安被告ら懲戒免職
財務省福田事務次官のセクハラ発言問題
財務省福田事務次官 セクハラ否定で訴訟も
財務省福田事務次官のセクハラ テレ朝女性記者が被害
福田事務次官セクハラ被害はテレ朝進優子記者
疑惑男チョ・グク元法務長官 不正の数々バレる

この記事へのトラックバック