福岡5歳児餓死事件 母親に懲役5年判決

実のこどもを餓死させた母親の判決公判があり、福岡地裁は懲役5年(求刑は懲役10年)の判決を言い渡しています
碇利恵被告が赤堀恵美子被告に指示されるまま、荒唐無稽な話を信じ、息子に食事を与えず衰弱させた行動を批判するのは簡単です。が、世の中には騙されやすい人、他人の話を無警戒に信じ込んでしまう人がいるのは確かであり、何とも痛ましい事件です


2020年、福岡県篠栗町で、5歳の三男を飢え死にさせたとされる母親に対し福岡地裁は17日、懲役5年の実刑判決を言い渡しました。
判決を受けたのは、碇利恵被告(40)です。判決によりますと、碇被告は2020年、福岡県篠栗町で当時5歳の三男・翔士郎ちゃんに十分な食事を与えず飢え死にさせました。
裁判はいわゆる「ママ友」の赤堀恵美子被告が碇被告の家庭を支配していたとされる中で、碇被告がどの程度、自分の意思で行動したのかが焦点となっていました。
17日の判決公判で福岡地裁の冨田敦史裁判長は、事件は赤堀被告の「夫が浮気をしている」「慰謝料請求裁判に勝つために質素な生活をしなければならない」などというウソを碇被告が信じ込み、赤堀被告から与えられる食事のみで生活するようになったなかで起きたと認定しました。
そのうえで「支配された被害者としての側面があり、食料が提供されなくなることをおそれて指示に従わざるを得ないと判断した心情は理解できるが、自分で判断する能力は残されていた。子どもに食事を与えるという親としての絶対的な責任を果たせなかったことについては 一定の非難を免れない」として、求刑の半分にあたる懲役5年を言い渡しました。
(日テレNEWSの記事から引用)


検察の言い分としては赤堀被告によるマインドコントロールがあったと認めながらも、碇被告の母親としての責任を厳しく問い、懲役10年を求刑したのでしょう
残るは赤堀恵美子被告の裁判です。碇被告に懲役10年を求刑したのであれば、赤堀被告には懲役15年くらいは求刑しなければなりません
これまでも借金を踏み倒し、嘘をついて生きてきた赤堀被告ですから、裁判の場でも屁理屈を並べて無罪を主張し、まんまと刑罰を免れる腹積もりでいるものと思われます
三男の餓死は碇被告の犯行であり、自分は心配であれこれ助言しただけ、などと言うのでは?
碇被告の生活保護費をピンハネしていたのも、金遣いが荒い碇被告のためを思い預かっていただけなどと弁解し、あくまで善意の第三者を演じるのでしょう

(関連記事)
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告に懲役15年判決
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202209article_38.html
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告が判決前に語る
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告と夫の無罪主張
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202209article_22.html
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告に懲役15年求刑
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202209article_13.html
福岡5歳児餓死事件 ママ友対決
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202209article_5.html
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告公判で容疑否認
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202208article_51.html
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告裁判は8月29日から
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202208article_23.html
福岡5歳児餓死事件 懲役5年を不服として控訴
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告証言拒否
福岡5歳児餓死事件 借金まみれの赤堀容疑者
福岡5歳児餓死事件 虚言癖の赤堀容疑者
福岡5歳児餓死事件 児童相談所は容態を確認せず
福岡5歳児餓死事件 ママ友による洗脳か
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待は経済格差のせい?
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 判決不服で控訴
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役18年求刑
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 公判で虐待認める
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 母親の初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
大阪幼児餓死事件を考える1 厳しい家庭で育ったはずなのに
大阪幼児餓死事件を考える2 下村容疑者の生い立ち
大阪幼児餓死事件を考える10 下村被告の実父が証言台に
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
目黒女児虐待死事件を考える 初公判で起訴事実を認める
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
暴力夫に尽くす妻 共依存

この記事へのトラックバック