淫行で5回逮捕の元葉山町副町長 懲役4年判決

女子中学生や女子高生相手に淫行を繰り返したとして逮捕されていた神奈川県葉山町の元副町長、田辺高太郎被告の事件を取り上げたのが2020年11月でした
その田辺被告に対する判決公判があり、懲役4年の実刑判決を言い渡しています
田辺被告は大学院を出た後、官公庁や三井銀行勤務を歴て葉山町が公募した副町長のポストに就いた人物ですが、就任間もなく「町長と考え方が違い」との理由で退任しています。その後、どのような職に就いていたのか分かりませんが、上記のように女子中学生や女子高生を物色しては淫行を繰り返し逮捕されています
判決を報じたのは今のところ共同通信と産経新聞くらいであり、きわめて簡単な内容です


少女にみだらな行為をしたとして、児童福祉法違反などの罪に問われた神奈川県葉山町の元副町長で無職、田辺高太郎被告(55)に、横浜地裁は1日、懲役4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。
田中結花裁判官は「性欲を満足させる手段として扱っており、反省の態度は全くうかがわれない」と指摘した。判決によると、平成29年と令和2年に、援助交際をしていた少女ら3人にみだらな行為をした。
(産経新聞の記事から引用)


高学歴だから人格者、とは限りません。女子中学生や女子高生など、性経験の少ない少女を食い物にして性欲を満たそうという下卑たオヤジもいるわけです
相手をこどもだと見下し、自分は「検察庁を指揮監督する人間だ」などと称して凄みを利かせ、性交に応じなければ「すべてをバラす」と恫喝していたとも報じられていました
つまりは、「権力志向の強いスケベオヤジ」なのでしょう
上記の短い記事でも「反省の態度は全くうかがわれない」と記載されていますので、裁判の場でも傲慢に振る舞って裁判官を呆れさせていたのかもしれません
学歴も職歴も何かを達成するためではなく、ましてや公共に奉仕する気もなく、ただの権力志向であるのかもしれません。あるいは自身の抱える何がしかのコンプレックスを補うため、学歴や職歴を積み重ねたのか
おそらくは不平、不満をタラタラ並べて刑務所生活を送るのでしょう。刑務官にすればもっとも扱いにくいタイプです

(関連記事)
淫行で5回目の逮捕 元葉山町副町長
東大集団淫行事件 3人を退学処分に
東大生淫行事件 執行猶予付き有罪判決
東大生淫行事件 「飲み会での悪ふざけ」と弁明
千葉大医学部集団強姦事件を考える 増田・藤坂被告に有罪判決
千葉大医学部集団強姦事件を考える 容疑者の氏名発表
慶応大広告研レイプ事件で6人を書類送検
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミスター東大候補稲井被告 レイプで有罪判決
ミスター東大候補が強姦罪で逮捕・起訴
アート引越センター会長が淫行で辞職
ノエビア副社長 ストーカー行為で逮捕
セクハラおやじ
就活女子大生レイプの住友商事社員はどうなったか?
住友商事社員(慶大出)が就活生を強姦
福田事務次官セクハラ被害はテレ朝進優子記者
新潟県知事 女性問題で辞任へ
米山新潟県知事辞任 援交疑惑で

この記事へのトラックバック