男子中学生にトイレでわいせつ 自殺した教師石井武秀

教師によるわいせつ事件では女生徒、女子児童が被害者になるケースがほとんどですが、男子生徒を狙う不届き者もいます
同性愛者を差別する気はありませんが、男性教諭が男子児童や男子生徒に手を出すのは犯罪であって恋愛とは認められません
先般取り上げた、東京都の公立中学校教師がトイレの個室に男子生徒を押し込め、股間を触った事件の続きです
本人は警察の取り調べに対して、「スキンシップでありわいせつ行為ではない」と釈明していたようですが、その後、投身自殺しています
文春オンラインの記事によれば、石井武秀容疑者(自殺したものの、容疑は晴れたわけではないので容疑者と表記します)の葬儀に教え子が大勢集まり故人を偲んだそうです


「先生がいなかったら今、自分はいない」強制わいせつで逮捕され命を絶った練馬中学教師「本当の顔」
5月28日午前。東京・練馬区の、石神井川のほとりに佇むこぢんまりとした斎場に、溢れんばかりの弔問客が詰めかけた。収容人数100人の会場に300人超の行列。その多くは、20歳前後の青年や、10代の学生たち。彼らは最愛の恩師に別れを告げた――。
1週間前の5月21日未明、練馬区立のA中学校教諭・石井武秀容疑者(37)が自ら命を絶った。18日に教え子の男子生徒への強制わいせつ罪で逮捕され、釈放された直後の出来事であった。
だが、教え子たちの証言から浮かび上がったのは、“わいせつ教諭”とは様相を異にするひとりの教師の実像だった。
〈男子生徒にわいせつ容疑 中学教諭を逮捕〉
新聞各社による一報は、教え子たちに衝撃を与えた。報道では、トイレの個室に男子生徒を連れ込み、股間を触るなどわいせつな行為に及んだとされた。
「うそだ、先生がそんなことするはずがない……」
昨年、石井容疑者が卒業を見送った元教え子の一人は目を疑った。周りにも、石井容疑者の“加害”を信じる者はいなかったという。
「男女問わず、分け隔てなく本当に誰からも愛された先生でした。運動部だったこともあってか男子にはスキンシップが多い。頭を触ったり、肩を組んだり。時には尻を叩いたり、股間を触ることもあったけど、よくある男子同士のじゃれ合い。正直、気持ち悪いと思ったことは一度もないし、周りからそんな声を聞いたこともなかった。事実として触ったには触ったんだろうけど、それっていつものノリじゃないか……。それが僕たちの一致する見方でした」
(中略)
近隣住民によれば、石井容疑者の自宅には、休みになると毎週のように大勢の生徒たちが自転車に乗って集まってきたという。
「避難所みたいな大切な場所でした。親との折り合いが微妙だった子は毎日のように先生の家に泊らせてもらっていました。お母さんも『先生の家なら安心』と了解の上で」(別の元生徒)
愛車に生徒たちを乗せてお台場や江の島にドライブすることもある一方、泣きながら叱るような厳しさも見せていた。
「一度、部活も勉強もうまくいかず腐りそうになっていた僕に、『お前、そんなんでいいのかよ!』って本気で泣きながら叱ってくれたことがあって。家に遊びに行った時も、ダメなものはダメ。怒るとちゃんと怖いから、先生の授業にはいい緊張感が漂っていた。周りにも『先生がいなかったら自分はいまここにいない』そう言う生徒がたくさんいます」(前出の元生徒)
生徒との関係は、A中学に赴任してからも変わらなかった。談笑し、じゃれ合う見慣れた風景――他の男子生徒と同様に、被害者となった男子生徒とも肩を組んで廊下を歩く姿が過去に目撃されていたという。
(以下、略)


石井容疑者を慕う元生徒の気持ちはともかく、ベタベタと生徒の体を触っていたのは事実のようです。股間を触ることもあったと書かれていますので、今回の行為だけが特別というわけではなかったのでしょう
ですが、スキンシップだから犯罪ではない、わいせつではないと自分は受ける気にはなれません。石井容疑者の意図がどうあれ、体を触られて不快に感じる生徒もいるわけですから、わいせつ行為の疑いで取り調べを受けるのは当然です
上記の記事の続きとして、石井容疑者の残した遺書が掲載されています

陰部を服の上から掴みました。(中略)正直性的な狙いはまったくありませんでした。ですがやられた生徒にとってはそれはとても嫌なことで、ノリや遊びでは考えられないことでした。私はよくほかの生徒とその様な軽いノリで付き合っていて、つい気持ちも考えずにその生徒にも同じことをやってしまったのです。そもそも遊びであれ、そんなところを触るべきではありませんでしたし、ただただ軽率でした。この事で傷つけてしまった相手には、本当に心から謝罪をします

文春オンライの記者は、石井容疑者を今時珍しい熱血教師だと共感し、入れ込んでいる節が伺えます。ただ、事件報道のあり方としては取材対象ともっと距離を置き、できるだけ客観的に見る必要があります。石井容疑者の熱血教師という本当の姿を読者に伝えたいとの気持ちは理解できるとしても、あまりに前のめりです
さらに書き加えると、石井容疑者も生徒との距離のとり方を誤っていたと言うしかありません。自宅を溜まり場にするのもどうかと思いますし、生徒への指導は自宅でするものではないはずです。ましてや生徒を車に乗せてドライブへ連れて行くなど、疑いを招く行為です
誰か(同僚の教師たち、上司)が石井容疑者に注意しなかったのでしょうか?
石井容疑者の熱血教師ぶりに記者は共感しているようですが、自分には体育会系のノリの演じながら男子生徒と直接、間接との接触を楽しんでいた風に映ります

(関連記事)
男子中学生にトイレでわいせつ 教師が投身自殺(その2)
男子中学生にトイレでわいせつ 教師が投身自殺
男子高校生を買春 神奈川県教育委員会主事を逮捕
福島の中学講師 生徒42人のチンチン触り懲戒免職
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/493997768.html
わいせつ教師中村洋一郎 懲役1年6月の判決
わいせつ教師中村洋一郎 公判で起訴内容認める
わいせつ教師中村洋一郎 男子の裸画像収集
中学生徒にわいせつ 大阪明星学園教師逮捕
高校野球部コーチがわいせつ 被害者は50人?
高校野球部コーチが部員にわいせつ逮捕 大阪
高校教諭 AV見せて男子生徒の股間を触り懲戒処分
わいせつ教師 「くすぐっただけ」と主張も懲役4年
男子生徒の全裸撮影も減給の軽い処分 埼玉の高校
修学旅行で盗撮の教諭 懲戒免職に
修学旅行で盗撮 高校教諭逮捕

この記事へのトラックバック