九州大学水死事故 大学に7700万円賠償を命じる判決

2016年、九州大学農学研究院の吉田茂二郎教授が引率する学生たちが屋久島にフィールドワークに赴き、そこで吉田教授が「泳ぎたい人は泳いでいい」と学生に申し向けたため、数名の学生が安房川に入って泳ぎ始めたところ1人の男子学生が溺れて死亡する事故がありました
学生は未成年でも成人という扱いをされる場合があり、この事故でも九州大学側が「川に入って泳いだのは学生の責任」との扱いをしたのか、損害賠償責任でもめ民事訴訟になっていました
福岡地裁は大学側の責任を認め、死亡した学生の親に7700万円を支払うよう命じる判決を下しています


鹿児島県屋久島町で2016年、九州大1年の男子学生(当時19歳)が授業のフィールドワーク中に川で水死した事故があり、両親が九大や引率した担当教授に9145万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁は17日、九大に7700万円の支払いを命じた。日景聡裁判長は「救命胴衣など救命具の準備もしないまま入水を指示し、過失は重大だ」と述べた。
判決などによると、事故は16年9月、自然体験などをする3泊4日の授業初日に起きた。農学研究院の男性教授(現在は退職)は川幅約80メートルの安房川で、希望者に「適当に泳いで」などと指示。川に入った7人のうち2人が溺れ、うち男子学生が行方不明になり、約1時間後に見つかったが死亡が確認された。九大は17年に事故の調査報告書をまとめ、教授を出勤停止3カ月の懲戒処分とし、教授は18年に業務上過失致死罪で屋久島簡裁から罰金50万円の略式命令を受けた。
判決は、事故が起きた安房川は過去に溺れかけた学生もいたのに、教授が学生の健康状態や遊泳経験などを確認しなかったとして「安全を確保すべき注意義務を怠った。過失は重大だ」と判断した。一方、九大は「公共団体」に該当するとして、職務について公務員個人に賠償を負わせない国家賠償法を適用し、教授の賠償責任は認めなかった。
判決後、記者会見した学生の父親は「判決が、全国の教育機関の安全管理体制の構築に役立ってほしい」と強調。同席した板井俊介弁護士は「授業中の事故で、大学の過失を全面的に認定した判決は珍しい。画期的だ」と評価した。一方、九大は取材に対し「判決文が手元に届いていないので、コメントは控える」としている。
(毎日新聞の記事から引用)


記事にもあるように大学の授業で死傷した場合でも本人の過失が問題にされます。大学の教員の注意義務も問われるものの、学生に過失があればそこか割り引かれるのが従来の考え方です
吉田茂二郎教授は林学の権威だそうで、何度も屋久島を訪れており、安房川は水量が多く水温も低くて危険な川であると承知していたとされます
亡くなった男子学生は1年生であり、屋久島は初めてだったのでしょう。新1年生で初のフィールドワーク参加で、気の緩みがあったのは否めません。ただ、同大学の屋久島フィールドワークで過去に安房川で学生がおぼれかける件があったのなら、引率した教授は当然注意を促すべきだったはずであり、「適当に泳いで」などと言うのは無責任すぎでしょう
林学の権威で研究実績があるとしても、学生の安全に注意を払わないのは教育者失格です。教員が安全への配慮を示すことで、学生はそれを学びます。教員が安全への配慮を無視したのなら、学生は安全への配慮を学ばないまま卒業してしまいます
事故後、九州大学側と学生の遺族の間で話し合いがあったのでしょうが、九州大学側は「溺れたのは学生の責任」だと主張して譲らなかったものと考えられます(多少の見舞金程度の支払いは提案したのかも)
さて、九州大学は判決を不服として控訴するのでしょうか?

(関連記事)
駒沢大吹奏楽部 野尻湖水死事件で和解成立
合宿中の大学生2人が湖に飛び込んで死亡
浜名湖ボート転覆事故裁判 施設管理者に有罪判決
浜名湖のボート訓練で中学生死亡
東大集団淫行事件 3人を退学処分に
東大生淫行事件 執行猶予付き有罪判決
泥酔させた女子大生に淫行 逮捕された東大生5人の氏名
東大生 コンパで飲酒し死亡
東大生コンパで死亡事故 サークル仲間は「責任ない」と主張
小樽商科大コンパ 未成年者飲酒で意識不明
小樽商大飲酒事故 いまさら構内での飲酒禁止
千葉大医学部集団強姦事件を考える 増田・藤坂被告に有罪判決
千葉大医学部集団強姦事件を考える 吉元被告に懲役6年求刑
今度は千葉大医学部生が集団強姦 3人逮捕

この記事へのトラックバック