元巨人投手 酒の窃盗で執行猶予付き判決

元巨人の投手だった小野仁被告がシャンパンやウィスキーをスーパーで盗み、これを売って生活費などに当てていた事件の判決公判があり、懲役3年執行猶予5年(求刑は懲役3年)を言い渡しています
執行猶予期間の上限は5年ですから、上限一杯の期間を設けた判決です。これは小野被告が2015年にも同じく酒の窃盗で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けたものの、今回もまた同種の事件を繰り返したためでしょう。つまり、裁判官は小野被告の更生に疑問を抱いており、5年以内にまたやるかもしれない、と危惧しているのです


秋田市や千葉市で酒を万引したとして、窃盗罪に問われたプロ野球の元読売ジャイアンツ(巨人)投手の無職、小野仁被告(45)=横浜市港北区=に、秋田地裁は16日、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。
判決理由で武田夕子裁判官は「常習的で手早く大胆、悪質な犯行」と述べた。売却目的で窃盗を繰り返し、盗んだ酒の販売をなりわいとして生活費や競馬に使っていたと指摘。一方、家族と同居して監督を受け、高校時代の友人による支援も決まっている点を踏まえ執行猶予を付けた。
判決によると、被告は昨年11月~今年1月、秋田市や千葉市のスーパーマーケットなどでシャンパンやウイスキー計31本を盗んだ。
小野被告は秋田経法大付高(現ノースアジア大明桜高)出身。日本野球機構(NPB)のホームページなどによると、平成8年のドラフト会議で逆指名した巨人に2位で入団。その後、大阪近鉄バファローズ(当時)に移籍した。
(産経新聞の記事から引用)


起訴された分は上記のようにシャンパンやウィスキー31本の窃盗ですが、小野被告の自宅からは「余市」や「知多」、「シーバスリーガル」など約400本が発見されており、大規模な転売で利益を得ていたのは明らかです。しかも、その金で競馬に興じていたのですから、執行猶予など付けずに実刑を科し、刑務所に収監した方がよかったのではないかと思います
上記の記事では高校時代の友人が支援すると書かれてはいますが、その恩義に応えられるのか疑問です。働くのが嫌になって職場を飛び出したり、怠けたりして友人の顔に泥を塗るかもしれません
本気で更生する気があるなら、2015年に執行猶予付き有罪判決を受けた時点で立ち直っていなければおかしいわけで
楽して金を儲ける味を知っているだけに、またも犯罪に手を出して支援者の顔を潰さないようにしてもらいたいところです

(関連記事)
元巨人投手 酒の窃盗で懲役3年求刑
元巨人投手 酒の窃盗・転売で初公判
元巨人投手逮捕 高級酒の窃盗を繰り返す
甲子園優勝の千丸被告 控訴審でも懲役5年
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将が強盗 駒大野球部のしごきを暴露
甲子園優勝校主将が強盗 公判で犯行認める
甲子園優勝校主将の転落人生
甲子園優勝校主将が強盗で逮捕
元プロ野球選手の転落 カード詐欺で逮捕
元プロ野球選手奥浪鏡 特殊詐欺と児童買春で実刑判決
暴行で書類送検の巨人山口に「処分甘すぎ」との声
暴力事件の巨人山口投手 今季は出場停止処分に
野球賭博高木京介の巨人復帰は美談なのか?
巨人の福田聡志投手 野球賭博で永久追放か
西武ライオンズ相内誠投手 喫煙飲酒発覚で処分
斎藤佑樹(ハンカチ王子)がポルシェをねだって騒動
元プロ野球選手 被災地で電線泥棒・逮捕
西武・大久保コーチ解任 「陽気な兄貴」と擁護するコラム
解任されたデーブ大久保への奇妙な同情論
清原和博被告公判(2) 黒い交際は不問のまま
清原和博被告公判(1) お涙頂戴話を連発
元プロ野球選手清原 覚醒剤で逮捕

この記事へのトラックバック