韓国のノーベル賞プロジェクト頓挫

これまでにも何度か取り上げていますが、日本からノーベル賞受賞者が出るたび韓国では「国家規模の支援が必要だ」との議論が起こり、いくつものノーベル賞受賞に向けたプロジェクトが生まれています
2011年には基礎科学研究員が開設され、10年もの間研究費を保証する仕組みを導入し多くの研究チームが発足しました。しかし、10年経ってもめぼしい成果はないまま、いくつもの研究チームが解散したと朝鮮日報が記事にしています


2005年にソウル大学物理学部のミン・ドンピル元教授をはじめとする科学、芸術、人文学の教授らが集い、「ランコントゥル(出会い)」という集まりをつくった。彼らは、世界一流の科学者が集まって自由に討論し、研究する「銀河都市」をつくるべきだ、と提案した。世界中の物理学者らを呼び込める加速器(超大型施設)の建設も進めるべきだと主張した。
この構想は、当時大統領選の候補だった李明博(イ・ミョンバク)元ソウル市長に「銀河プロジェクト」という名で報告され、公約として採択された。こうして2011年11月、基礎科学研究院(IBS)が発足した。一つの研究団に年間100億ウォン(約9億6000万円)の研究費を支援し、最低10年間の研究期間も保障する、という前例のない破格のシステムだった。韓国の念願とも言えるノーベル科学賞を受賞させ、研究成果を上げる、というのが目標だった。著名な科学者たちが次々と研究団に合流した。「多くの支援を受けているため、あえてIBSに行く必要がない」と大口をたたいていたあるソウル大教授も、わずか1カ月後にはIBSに志願した。理由を尋ねたところ、「ほかの人は皆志願しているのに私だけやらないとなると、レベルが低いかのように誤解される」と答えた。
10年以上にわたって、IBSは数多くの成果を上げてきた。30以上の研究団が毎月数多くの論文を著名な学術誌に掲載した。しかし、内部をのぞくと、IBSの奇形とも言える構造が如実に垣間見える。昨年IBSは三つの研究団に対する支援を打ち切り、今年も一部の研究団が消える。研究団が解体されれば、構成員らは皆、新しい職場を探さなければならない。10年間蓄積してきたノウハウが空中分解するわけだ。評価内容としては「団長と副団長間の協力不足」「独自性不足による競争力低下」「次期研究団長に適当な候補者不在」といった辛辣(しんらつ)な内容が盛り込まれている。今年の評価については「落第寸前だったある研究団が団長の政治力で生き残った」という言葉まで聞かれる。KAIST(韓国科学技術院)のある教授は「最初から予想されていた惨事」という。学者として最盛期を過ぎた科学界の人々が、名声を掲げて研究団長に就任したため、ノーベル賞を受賞するだけの研究成果は最初から期待し難かったのだ。
ノーベル賞は、通常30-40代に研究した成果がその20-30年後に認められることで受賞するようになるが、IBS研究団長はその大半が50代以上である上、研究分野もそれほど画期的とは言えないとの声が多い。従来本人たちが行ってきた研究を、所属だけを変えて続けるもので、ある日突然画期的な研究成果が生まれるわけがない。内部からの雑音も絶えない。ある研究団長は、特許を流出した疑いで有罪判決を受けたほか、商品券の不法現金化、虚偽の見積書作成などで懲戒処分となった研究員もいる。IBSを代表する施設である重イオン加速器「ラオン」は、2017年の稼働が目標だったものの、工期の遅れなどが重なり、完成は27年にまでずれ込む見通しだ。この加速器に少しでも関係した人々は「触れたくもない」と口を閉じる。表面的には技術的な問題を理由にしているが、実際は内部構成員間のあつれきが絶えないため、との話も聞かれる。
ここ10年間、IBSに投入された予算は実に1兆6849億ウォン(約1600億円)にも上る。ソウル大学の1年間の予算をはるかに上回る資金を約30の研究団につぎ込んできたものの、ノーベル賞の糸口さえも見いだせていない。
(朝鮮日報の記事から引用)


長文の記事ですが、読んでいただければどこに間違いがあったのか、失敗の原因があったのかは明らかです。大して実績もない大学教授を学会の重鎮だからとか、学内の有力者だからという理由で研究チームのリーダーに据えたところで、画期的な研究成果が生まれたりはしません。年間100億ウォンの研究費と書けば巨額のように聞こえますが、実際には9億6千万円です。それを研究チームのリーダーらが着服、横領して私腹を肥やすだけで、実際にチームの若手研究員が使える金額は微々たるものだったのでしょう
ノーベル賞欲しさに泥縄式のプロジェクトに走った結果です
それでも毎年のように韓国メディアは、「どうやったらノーベル賞が穫れるか」という類の記事を掲載しており、ノーベル賞選考に係わる人物への働きかけを強化すべきだとか、外国の著名な科学者との共同研究を進めるべきだとか、ノーベル賞を穫れる研究テーマに集中して投資すべきだとか、あの手この手を模索しています。世界の中で、一番ノーベル賞を熱心に研究している国でしょう
研究は5年や10年ですぐに成果となって結実するとは限りません。10年間、研究費を助成したからノーベル賞を穫れ、などと注文をつけるのは本末転倒です
韓国はコロナウィルス対策としてワクチン開発を推進し、5~6社がこれに参加したもののすべて失敗に終わっています。文在寅大統領は、「韓国は世界最高の医薬品開発技術を有する国」だと演説していましたが、実際には後発薬(ジェネリック医薬品)を製造しているだけであり、新薬開発の能力はありません。このように現状を正確に把握できないまま(世界最高の医薬品開発技技術を有する、などとうぬぼれ)、希望的観測に走り(やればできる)、無駄なプロジェクトに研究費を投じた結果がこれです

(関連記事)
韓国 「5年以内にノーベル賞を獲るプロジェクト」
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/201109article_40.html
ノーベル賞欲しがる韓国 大学研究レベルは年々低下
「中国がノーベル賞を取れないのは不運だから」 中国メディア
ノーベル物理学賞に真鍋淑郎プリンストン大上級研究員
今年(2021年)もノーベル賞を渇望する韓国
「ノーベル賞で騒ぐ韓国は幼稚」と批判する韓国人科学者
吉野彰フェローのノーベル化学賞受賞 複雑な韓国の反応
韓国教授「ノーベル賞獲得数で日本を追い越せる」と豪語
文在寅大統領のノーベル平和賞に期待する韓国
ノーベル賞の季節 韓国の候補者は?
韓国「ノーベル賞は公平でない。韓国も受賞できるはず」
日本人のノーベル賞に妬み炸裂 韓国メディア
本庶教授のノーベル賞に対する韓国の反応
ノーベル賞候補の韓国詩人 セクハラで批判浴びる
韓国詩人高銀、ノーベル文学賞確実と語るエール大教授
ノーベル文学賞を熱望する韓国
韓国メディア「ノーベル文学賞の取るには民族文学は不利」
ノーベル文学賞が獲れない韓国 短編小説を礼賛
日本のノーベル賞について韓国の偏見・誤解・嫉妬
ノーベル文学賞候補 村上春樹は選ばれるか
「日本は英語が苦手でもノーベル賞を取る」と説く韓国人学者
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命
「日本の科学力後退」とはしゃぐ韓国メディア
ノーベル賞獲得を目指すサムスン 毎年、対策発表?
ノーベル物理学賞に梶田隆章氏ら決定
ノーベル医学生理学賞に大村智氏ら決定
2015年ノーベル賞の候補となる日本人研究者
山中教授のノーベル賞を悔しがる韓国

この記事へのトラックバック