秀岳館高校サッカー部 監督が告発部員を加害者と罵倒

高校の部活で体罰があったとして、それ1件だけ、というのは考えられません。日常的に体罰が行われ、さらには上級生による下級生の暴力も日常化していると考えられます
熊本の秀岳館高校サッカー部の事件も同様に、次々とあらたな体罰、暴力が表沙汰になり、もはや収拾がつかないほど混迷しています
先日、秀岳館高校の段原一詞監督は日本テレビの情報番組「スッキリ」に出演し、サッカー部内で起こっている一連の騒動に「責任はすべてわれわれ大人にあります」と涙ながらに頭を下げていました。キャスターの加藤浩次がとりなすように声をかけ、生徒を守ってやってほしいと申し向けていたものの、翌日には段原監督によるパワハラ、恫喝とも受け取られる言動が公開され、火に油を注ぐ格好になっています
(日テレも何を考えていたのか、と思ってしまいます。監督が番組に生出演し、頭を下げれば一件落着などと安易に決めつけていたのでは。問題の根深さを理解していなかったと言わざるを得ません)


秀岳館サッカー部の暴行問題で衝撃の音声データが流出…指導者と見られる人物が動画投稿生徒を「俺が訴えたらどうなる?」と糾弾
(前略)
同校のサッカー部の指導者のものとされる男性の音声が録音されたのは22日。サッカー部の寮内で行われた朝点呼で、騒動の発端となった動画を撮影し、ネット上へ投稿した2人の部員を、男性は4度にわたって「俺たちに対する加害者だ」と名指ししながら非難した。
「だから俺たちは被害者だ。意味わかる? でも、完全な被害者はたぶん俺だけ。俺が訴えたらどうなる? 世の中、そうなるよ。これ、俺に迷惑かかっとる、完全に」
後ろ向きに立たされた部員へ、男性コーチが殴る蹴るの暴行をふるう寮内の様子を、部員がスマホに収めたのは20日夕方。もう一人の部員がSNSへ投稿した動画は、匿名の電話を介して存在を把握した学校側によってすぐに削除された。
しかし、すでに拡散されていた動画内の行為を熊本県警も問題視。一夜明けた21日午前に所轄の八代警察署によるコーチや部員への事情聴取が学校内で行われ、地元紙やローカル局の報道を介して全国レベルで知られるところとなった。
約200人の部員の9割が寝食をともにし、段原監督も住み込んでいる寮内で点呼が行われた22日朝の時点で、学校側だけでなくサッカー部にも批判が殺到していた。こうした状況を受けて、男性は音声データのなかでさらにこんな言葉を紡いでいる。
「俺が仲間の弁護士たちに被害を受けたと訴えたらどうするか? 本当は謝って済むような問題じゃない。これだけの騒ぎになって、それは間違うなよ。損害賠償請求って話になるだろう。俺たちが被害を被った分、全部世の中に出て訴えられる」
声の主が誰なのか現時点で真偽のほどはわからない。しかし、ネット上で瞬く間に拡散された音声データが、本物で、サッカー部の指導者の声であれば大問題だ。弁護士や損害賠償請求といった、脅迫や恫喝まがいの言葉を浴びせている時点で、指導者の立場を利用したパワーハラスメント行為にあたる。
サッカー部の公式ツイッターと同インスタグラム(@syugakukanfc)が更新され、キャプテンや暴行を受けた部員、問題の動画を撮影・投稿した部員を含めた11人による、顔と実名を明かした謝罪動画が公開されたのは22日の夕方だった。
説明責任がある大人が沈黙を貫き、守られるべき子どもが盾となった状況は大きな波紋を広げた。不可解に映った展開も、その日の朝点呼で、指導者の言葉に動揺した部員たちが、騒動の早期収束を図るために起こした行動だとすれば合点がいく。その謝罪動画も学校や監督、コーチに迷惑をかけたという理由で翌日に削除を命じられた。
(以下、略)


暴力を振るったコーチは在宅で取り調べを受け、検察に書類送検されています。起訴するかどうか、これから判断されるのでしょうが、被害者である生徒がこの状況で被害届は出せないのでは?
コーチは辞意を表明したものの、学校が進退を決めるまで預かり、という形のようです。学校側としてはコーチ1人を免職にして収拾を図る意図だったのでしょう。しかし、上記のように監督が部員を恫喝する音声が公開されてしまったのでは、コーチ1人のクビと引き換えに沈静化、とはいかなくなりました。元より段原監督のパワハラ体質に問題があり、200人もの部員を暴力と脅しで支配してきたツケでしょう
この他にも、4月早々、入学した1年生サッカー部員数人が上級生の暴力を受け退部し、他校へ転校したとの話もあります
監督とコーチの更迭により、指導体制を改めない限り事態は収拾できないのでは?

(関連記事)
秀岳館高校サッカー部 監督は更迭も解雇はできず
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202205article_17.html
秀岳館高校サッカー部 部員謝罪動画は監督命令とバレる
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202205article_9.html
秀岳館高校サッカー部 段原監督の謹慎処分で解決?
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202205article_5.html
秀岳館高校サッカー部 体罰告発部員が謝罪?
秀岳館高校サッカー部 コーチが繰り返し体罰
中学体罰教師 上野宝博を懲戒免職
中学教師体罰 全治3カ月の重傷で逮捕
岡山操山高校野球部員自殺 事件から10年後に謝罪
岡山操山高野球部員自殺 教員のパワハラが原因
岩手県立高体罰事件を考える 顧問教師の責任は?
岩手県立高体罰事件を考える 生徒の自殺
桜宮高校体罰教師に執行猶予判決
桜宮高校自殺 元バスケ部顧問教師に4300万円賠償命令
桜宮高校体罰自殺で大阪市に賠償命じる判決
桜宮高校 体罰教師を咎めなかった事情
桜宮高校 体罰で生徒が自殺
大分竹田高校体罰死事件を考える 顧問の独善
チア練習で下半身不随 高校に賠償求め提訴
小学生バレーボール部監督 体罰で永久追放
聖カタリナ学園高校野球部暴行事件 訴訟合戦に
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501328131.html
聖カタリナ学園高校セクハラ教師を解雇
青森山田高暴行死事件 犯人を家裁送致
本庄第一中学 剣道部で体罰
熊本・大津高校サッカー部でいじめ

この記事へのトラックバック