反ワクチン団体「神真都Q」のリーダー逮捕

今日はやたらとウェブリブログが重くて、記事をなかなか書き進められません。更新に時間がかかりすぎです
反ワクチン団体として街頭デモを繰り返している「神真都(やまと)Q」のリーダーが警視庁公安部に逮捕された、との報道を取り上げます
ニュースの肝は公安部が逮捕した、というところでしょう
つまり反社会活動をしている団体、と公安部がマークし、摘発し、活動を規制する狙いが感じ取れます


警視庁公安部は20日、反ワクチン団体「神真都(やまと)Q」のリーダーを自称している元俳優の岡本一兵衛こと倉岡宏行容疑者を建造物侵入の疑いで逮捕した。
捜査関係者によると、倉岡容疑者は今月7日、小児への新型コロナウイルスのワクチン接種に抗議するため、東京都渋谷区のクリニックに侵入した。同日には、同団体メンバーとみられる男女4人が現行犯逮捕されていた。
倉岡容疑者は俳優・岡崎二朗の息子で、かつては「岡崎礼」の芸名で俳優として活動。Vシネマを中心に出演していた。2007年には所属していた東京・西麻布の映画企画制作会社事務所で、同社役員でプロデューサーの男性を刃物で刺し殺人未遂容疑で逮捕されていた。
父の岡崎はよろず~ニュースの取材に、事務所を通じて「父親として、非常に申し訳ない。日本国内に住んでいる以上、日本の法律を順守するのが義務。ご迷惑を掛けた方がいらっしゃるのなら、謝罪をするなり、謝罪的な制裁を受けるのが当然と感じております」とコメントした。事務所関係者によると、岡崎は最近は倉岡容疑者とほとんど交流がなかったという。
(よろず~ニュースの記事から引用)


俳優崩れ、と書くと語弊があるのかもしれません。生憎とVシネマは見たことがないので、倉岡宏行がどの程度の俳優なのか分からないためです
上記の記事にあるように、「神真都Q」のメンバーとしては元芸能人ら幾人か名前が知られた人物がいます。団体の活動理念以外に、何か結びつけるものがあったのでしょうか?
倉岡容疑者の日頃の主張によれば、警察官は爬虫類型宇宙人の化身なのだそうで、松脂によって撃退できるとの話です。なので、倉岡容疑者ら団体のメンバーは松脂を持ち歩いているのだとか
しかし、警視庁公安部に松脂は効かなかったのでしょう。逮捕されています
「神真都Q」の理念としては反コロナワクチン以外にも、「大和民族は、善い宇宙人と龍神のDNAを受け継いでおり、悪い宇宙人やその手先であるディープ・ステートに支配された世界の人々を覚醒させる存在である」というものです
コロナワクチンに疑いを持つ人がいたとしても、こんな龍神説を真に受け同調するものか、と呆れます
しかし、少なくない人たちがコロナワクチを接種するなと、デモ行進を繰り返しているのですから、こんなトンデモ説を信じてしまっているのでしょう
カルトに染まってしまうと抜け出すのが大変です。ほとんどの人は逮捕された際に、自分の行動の「おかしさ」を自覚できるのでしょうが、そうでない人たちもいます
「神真都Q」を取り締まり解散に追い込むのは可能でも、メンバーが分散して新たなカルトを結成する展開となり、根絶やしにするのは困難でしょう。いまだにオウム真理教の分派がいくつも活動を続けているように

(関連記事)
「ワクチンは殺人行為」と騒ぐカルト集団「神真都(やまと)Q会」
マスク拒否男 不当解雇として労働審判を請求
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202204article_47.html
マスク拒否男 マスク拒否貫く理由
マスク拒否男奥野被告 研究者として
マスク拒否男 法廷で裁判官に説教
マスク拒否男 エヴァに乗りそこねたシンジ君
マスク拒否男 今度は警察官を殴って逮捕
マスク拒否でトラブル 呉市議会議員は陰謀論者
鼻マスク受験 飛行機でマスク拒否
マスク不要論 事実はどうなのか?
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202209article_42.html
ワクチン接種への不安を煽る人
へずまりゅう 執行猶予判決も反省なし
オセロ中島知子を食いものにする占い師岩崎理恵
オセロ中島知子 「洗脳はされていない」と主張
預言者ロン・バードの大嘘
タロット占い師具足女久美 詐欺で懲役7年
前橋祈祷師による暴行死事件を考える 懲役12年求刑
前橋祈祷師による暴行死事件を考える 6年越し立件
宗教法人「紀元会」リンチ殺人事件で3700万円の賠償命令
陰謀論の米司会者に新たに1400億円賠償を命じる
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202210article_32.html
陰謀論唱える米司会者に賠償金66億円命じる判決

この記事へのトラックバック