英BBCが「劇場版呪術廻戦0」を褒める

日本で興行収入100億円を超えるヒットとなった「劇場版呪術廻戦0」は、海外の映画市場でも観客を集め話題になっています
日本文化に対し、辛口の批評が目立つイギリスBBCですが、「呪術廻戦0」については称賛しています(他国の文化を斜めに見てくさすのはイギリス流のスタイルです)
海外の反応を集めた「パンドラの憂鬱」さんの記事から引用させてもらいます


【海外の反応】パンドラの憂鬱
海外「日本は圧力に屈しなかった」 日本アニメが欧米を席巻する理由にBBCが迫り話題に
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-4145.html
「映画『呪術廻戦0』は先週末の英米の興行収入チャートで、大物俳優たちが出演する映画を打ち負かし、『バットマン』の最新作に次ぐ第2位を獲得した。
アニメが映画や動画配信サービスにおいて新たな世界的な人気を享受している中で、『呪術廻戦0』は驚きのヒットを記録したのだ。
アニメは大胆な色使い、強調された表情豊かな顔、予測不能なストーリー展開など、独特のスタイルで知られている。
また、キャラクターたちの成長や友情の重要性をテーマとし、時には激しい描写も含まれている。
日本では数十年の歴史があり、90年代に欧米で足場を固めた。そしてここ数年、世界的な人気を獲得している。
『Netflix』によると、2020年の最初の9ヶ月間に世界の1億以上の世帯が少なくとも1つのアニメを視聴しており、2019年と比較すると、50パーセントの伸びである。
また『Crunchyroll』のようなアニメ専用サイトでも視聴者数が増加している。
英ニューカッスル大学で日本学を教える吉岡史朗氏は、『動画配信サービスがアニメファンになるハードルを大幅に下げ、アニメが以前より主流な存在になる手助けをした』と語る。
『呪術廻戦0』は評論家からも傑作映画だと評価されており、英ガーディアン紙も、以下のようなレビューを掲載している。
『眩いばかりのこの青春物語はホラーファンタジーのレンズを通し、自身が持つ過去のトラウマと折り合いをつける、という厄介なプロセスを見事に考察している』
ロンドン大学・東洋アフリカ研究学院で、現代日本文学の講師を務めているセルベーリ教授は、アニメをテーマに論文を書く学生の増加を実感している。
ガーディアン紙は先述のレビューの中で、『流血と、多くのアクションと、悲劇が一斉に起きる』とも表現した。
3人の子供たちを育てているアンナさんは、アニメには利点があるが、子供たちは何を観ているのかそれを知ることも親として重要だと考えている。アンナさんの子供の1人は、アニメの芸術性に惹かれており、その理由は『すごく綺麗』な物になり得るからだという。
アニメファン、特に若い視聴者たちにとって同じ考えを持つ他の人々と共通点を持つ事は、帰属意識と受容感を彼らにもたらすのだ


下記にも紹介しているように、BBCは以前に「日本の漫画は児童ポルノだ」と批判する番組を放映しています。まあ、確かに一部の成人向け漫画はポルノそのものであるわけですが
「パンドラの憂鬱」さんのサイトには記事に対する海外の反応も紹介されており、その中には「BBCがアニメというジャンルのニュースに関して、かなりバランスの取れた記事を書いている事に驚いた」とのコメントが見られます。日頃から辛口の報道をしているがゆえに、かえって褒めている記事が珍しく感じられるのでしょう
何度も書いていますが、「呪術廻戦」のようなダークファンタジー系アニメはディズニーやピクサーでは作れないのであり、そこに日本アニメの未来はあるのでしょう。もちろんジブリ路線のアニメや、京都アニメーションの学園青春ストーリーも悪くはないのですが
今から15年~20年くらい前には、「日本のアニメは終わりだ。中国や韓国に追い抜かれる」と報道されたものです。あの記事を書いた書いた記者たちには今の状況がどう映っているのでしょうか?
まあ、それでも「中国アニメが凄い。日本を超えた」風の記事を書いている人たちが、現在でもいるわけですが

(関連記事)
英BBCが「漫画は児童ポルノ」と批判
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/201710article_15.html
韓国で「呪術廻戦0」が大ヒット 日本不買運動は?
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202202article_48.html
「日韓関係改善の切り札は『呪術廻戦0』」という記事
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202201article_30.html
「劇場版 呪術廻戦0」興行収入100億円突破確実
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202112article_45.html
「日本アニメはディズニーを目指せ」という無茶な提言
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/201212article_46.html
日本アニメは文明の衝突? 「カウボーイビバップ」コケる
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202112article_35.html
アメコミ変化 ヒロインはイスラム系女子高生
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/201311article_10.html
英国をゆるがす日本のカワイイ文化
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/201307article_10.html
「君の名は。」が中国で大ヒットした理由 BBC
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202003article_5.html
「中国アニメが日本を追い越す日」という記事
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202111article_12.html
「日本アニメが中国製に負ける日」と書く陳腐なコラム
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/201802article_24.html
中国アニメファンの「中国アニメがダメな理由」
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202108article_3.html
中国アニメ 壁を乗り越えるには何が必要か?
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202004article_10.html
中国アニメはなぜ日本でウケないのか?
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202012article_32.html
セカイ系アニメを語る中国の論評
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202002article_27.html
中国政府の文化(アニメ)政策とは?
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/201912article_24.html
コミックマーケットに見る日本の底力
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/201008article_36.html
「新世紀エヴァンゲリオン」を世界はどう観たのか?
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202003article_11.html
「カードキャプターさくら」 日本版と北米版の違い
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/200911article_30.html
「セーラームーン世代」の特性を考える
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202101article_30.html
「セーラームーン」の時代変化 美少女と恋愛
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202101article_22.html
「セーラームーン」百合カップルは放送NG
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202102article_10.html
韓国アニメ界を吹き飛ばした作品「アルマゲドン」
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202201article_3.html

この記事へのトラックバック