林真須美死刑囚の孫虐待死 県が検証委員会設置

和歌山カレー事件で死刑判決を受けた林真須美死刑囚の孫、鶴崎心桜さんが実母と義父から暴行を受けて死亡した事件について、和歌山県は有識者による検証委員会を設置すると報じられています
学校でのいじめなどで第三者委員会が設置されるのは毎度のパターンですが、今回は児童虐待事件での対応を検証するのが目的なのだそうです
その前に和歌山県の児童相談所は対応と経緯をまとめた報告書を挙げているのか、気になります。所管は児童相談所のはずであり、児童相談所が第一義的に検証に行わなければなりません。やっていないのでしょうか?


昨年6月に和歌山市の鶴﨑心桜(こころ)さん(当時16)が死亡した虐待事件を受け県は16日、有識者による児童虐待等要保護事例検証委員会を設置し、同市の県民文化会館で初会合を開いた。鶴﨑さんが通っていた中学校から児童相談所への情報の連携ができていたかなど、事件に至る経緯に問題がなかったか検証し、再発防止策を含めて年内をめどに報告書をまとめる。
鶴﨑さんは同市加納のアパートで全身にあざのある状態で発見され、死亡が確認された。この事件では、母親の再婚相手で同居していた有田市の派遣社員、木下匠(しょう)被告(40)が保護責任者遺棄致死罪で起訴され、鶴﨑さんが亡くなった同じ日に関西国際空港連絡橋(大阪府泉佐野市)から飛び降りて死亡した鶴﨑さんの母親(当時37)が同容疑で書類送検されている。
検証委は、児童虐待防止法に基づき、死亡した児童の視点に立った原因分析、必要な再発防止策を検討することを目的とし、委員は弁護士、学識経験者、民生児童委員ら5人。会合は非公開で、この日は終了後に桑原義登委員長(和歌山信愛大学教授)と県子ども未来課の鈴木玲課長が記者会見した。
会見によると、県の児童相談所は鶴﨑さんに関する相談を2回受けている。1回目は2013年6月で、夜に鶴﨑さんが1人で路上にいるとの通告を受け、実父とやり取りの上、問題が解決したとして14年1月に指導を終了している。
2回目は鶴﨑さんが木下容疑者と同居を始めた頃に当たる18年10月。当時の保護者から非行に関する相談があり、翌11月に問題は解決したとしている。
また、県が和歌山市から受けた報告では、鶴﨑さんが通っていた中学校は、身体的虐待が疑われる情報を把握していたという。
検証委では、中学校と児童相談所の連携などの対応の在り方を検証するため、鶴﨑さんと関わった各機関のヒアリング調査などを進める。
桑原委員長は「事件の背景を明らかにし、プロセスを丁寧に見ていかないといけない」と話した。
検証委は今後、1カ月に1回、8回程度の開催を予定しているが、裁判の状況により回数や終了時期が変わる場合があるとしている。
(わかやま新報の記事から引用)


和歌山県の児童相談所長は鶴崎心桜さん死亡が報じられた直後に記者会見を開き、「児相の対応は適切だった」と言い切っています。児童相談所のこれまでの対応が適切であったのか、関係記録を精査しようともせず、「対応は適切だった」と言い切る姿勢に幻滅したものです
自ら「無能だ」と告白しているようなものです
児童相談所が忙しいのは理解できるものの、忙しいは弁解になりません。1人のこどもの命を救えなかった責任を児童相談所がまったく自覚していないのですから、お粗末にもほどがあります
ましてや林真須美死刑囚の孫だと児童相談所は把握していたはずであり、いじめや親からのネグレクトなど、さまざまな問題が心桜さんを二重三重に取り巻いていると理解していたはずです(理解していなかったとすれば論外でしょう)
難しいケースであると知っていたのなら経過観察を続けるべきであり、簡単に「解決済み」扱いしてはいけません
検証委員会を設けて検証するのは良しとしても、検証結果を児童相談所がどう受け止め、児童保護に反映させられるかが重要です。反映させられるだけの能力があるのかさえ疑問です

(関連記事)
林真須美死刑囚 週刊誌を訴えるも棄却される
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202207article_44.html
林真須美死刑囚の孫殺害 虐待の理由は
林真須美死刑囚の孫殺害 木下容疑者は保護責任者遺棄致死なのか
林真須美死刑囚の孫 壮絶虐待死で義父逮捕
林真須美の長女自殺 家庭内で壮絶な虐待
林真須美の長女自殺 その後どうなったのか?
林真須美死刑囚の長女 娘を虐待死させたので自殺か?
林真須美死刑囚 再審請求の行方
林真須美死刑囚 再審請求(第二次)を考える
林真須美死刑囚「第三者の犯行と主張」して再審請求
和歌山カレー事件再審請求 大阪高裁も棄却
和歌山カレー事件 「20年目の真実」と称する幻想譚
和歌山カレー事件 林死刑囚に動機はないのか?
和歌山実業家怪死事件に口出す和歌山カレー事件林健治
林眞須美死刑囚の長男が語る「家族」
和歌山毒カレー事件 再審請求を棄却
林眞須美死刑囚長男インタビュー
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件

この記事へのトラックバック