映画「蜜月」が女優へのセクハラで公開中止

完成した映画の一般公開を目前にして、監督による出演女優への性行為強要が暴露され、映画の公開中止が決まったと報じられています
榊英雄監督が映画「蜜月」がワールドプレミアを迎えた時期にタイミング合わせたのかどうか、文春オンラインが榊監督のセックス・スキャンダルを取り上げました
榊監督の過去の作品に出演した女優や、演技習得のためのワークショップに参加した女優が、性行為を強要されたという内容で、監督も概ね記事の内容を認めています(ただし、合意による大人の関係だったと釈明しています)


9日、榊英雄監督(51)の最新作品で、家庭内の性被害を描いた今月25日公開予定だった映画『蜜月』の公開中止が発表された。同作で、主演を務めた佐津川愛美(33)への同情が広がっている。
同日夕方に配信された「文春オンライン」の記事によると、監督の榊氏は過去に、4名の女優に対して性的行為を強要したり、配役と引き換えに性的な関係に持ち込んだという。榊氏も一部事実を認めている。
『蜜月』で少女時代に父親との性的関係を持ったトラウマを抱える主人公・美月の苦難と再生に向かう姿を、4年かけて演じ切った佐津川。リアルサウンドのインタビューに対しては《もがき苦しんで生まれたこの作品を、榊組で完成させられたこと、役者として誇りに思います》とコメントしていた。
さらに「日刊スポーツ」によると、榊の性加害が報じられる前日の8日にテアトル新宿で行われたワールドプレミアに登壇した際には、映画公開にあたり感極まって涙を流していたという。
4年間の歳月をかけて作品と向き合ったにもかかわらず、監督のスキャンダルで主演映画が上映中止となってしまった佐津川。彼女に対して“かわいそう”という声が相次いでいる。
《気の毒すぎるよ…》
《主演の佐津川さんがかわいそう。》
《この映画が見たいわけじゃないが、俳優さんやスタッフさんの努力や時間がこんなことに…》
過去に榊氏は映画「誘拐ラプソディー」を監督する際に、出演する押尾学(43)が逮捕される事態に直面。そんななかで公開に漕ぎ着け、「映画に罪はないので。今は感動でウルウル」と語っていた。自身が犯した“罪”の代償を、映画が支払わされていることに何を思うのだろうかーー。
(女性自身の記事から引用)


制作に述べ7年、撮影に4年かかったと報じられている作品ですが、公開は難しいのでしょう。榊監督も映画の仕事を当面はできないはずです
制作費は回収できないので、出演者やスタッフへのギャラの支払いも滞り、榊監督が借金を背負い込む形になるのでしょう。この作品は製作委員会方式ですが、映画公開見送りの要因は榊監督になるので
映画監督が女優に性行為を要求するというのは日本だけでなく海外でもあったのですが、過去には「女優を続けたいなら黙ってろ」という風潮が根強く表沙汰になりませんでした。しかし、いまでは性的被害を隠さず、これを告発する流れが活発になっており、ハリウッドの大物プロデューサーや大物監督も、性行為を強要した件で告発され裁判になっています
さて、本件は身から出た錆であり、榊監督には猛省してもらうしかありません。いまどき映画監督だから女優を意のままにできる、と思い込む方がどうかしています

映画『蜜月』予告映像

(関連記事)
映画監督榊英雄 女優への性的暴行で再逮捕
映画監督榊英雄 性暴行で示談交渉も拒否される
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502451378.html
映画監督榊英雄逮捕 女優志願者に性的暴行
映画「十二単を着た悪魔」公開
高畑裕太 不起訴も弁護士戦術は完敗
高畑裕太は子どもの頃、発達障害と診断されていた
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
俳優高畑裕太を強姦容疑で逮捕
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
「仮面ライダー」俳優青木玄徳 痴漢転落の末
「仮面ライダー」俳優青木玄徳 強制わいせつ逮捕
2世俳優橋爪遼覚醒剤で逮捕
映画「たたら侍」 橋爪遼逮捕で打ち切り、大コケ
押尾学「ジョニー・デップみたいに復活してやる」発言
東出昌大 村上春樹作品映画を降板
男目線だけの夫婦映画「なん・なんだ」 主演女優が猛批判
平手友梨奈が映画ドタキャン 韓国事務所へ移籍

この記事へのトラックバック