岡山操山高校野球部員自殺 事件から10年後に謝罪

岡山県立岡山操山高校の男子生徒が自殺した問題では、岡山県教育委員会が原因調査を渋り、「生徒が勝手に自殺した。原因は不明」で押し通してきたものを、両親が粘り強く原因究明を働きかけ、第三者委員会の設置を認めさせたという経緯があります
つまり、そこまでして身内である教員の不祥事を隠蔽し庇う体質が蔓延していた、という話です
第三者委員会による調査の結果を受け入れ、野球部の監督だった教員に停職3カ月というヌルい処分を課していますが、今後の防止策についてはのらりくらりとした対応です。こんな教育委員会など必要ないのであり、組織改編して教育委員会制度そのものを廃止した方が県民のためです


野球部監督の叱責が原因で息子を失ってまもなく10年。遺族はなぜ今も苦しまなければならないのか--。
岡山県立岡山操山高校(岡山市中区)で2012年、野球部マネジャーだった2年の男子生徒が自殺した問題で、県教育委員会は5日、岡山市内で生徒の両親と面談し、初めて正式に謝罪した。問題を巡っては21年3月に弁護士などによる第三者委員会が自殺の原因を検証した報告書をまとめたが、両親は「県教委の認識が不十分」として謝罪を受け入れていなかった。その後、3度の面談である程度の説明がされたことから謝罪は受け入れたが、県教委が今後作成する再発防止策については「県教委だけでは適切なものを作れると思えない」として外部有識者など第三者の参加を求めている。
◇当初は原因「不明」
第三者委の報告書によると、生徒は11年4月に入学し、野球部に入部。監督の男性教諭(45)は部員らに「殺すぞ」などと日常的に暴言を繰り返し、生徒も度々叱責を受け、12年7月に自ら命を絶った。
県教委は当初の調査で自殺の原因を「不明」としたが、両親は独自の聞き取りにより教諭の言動を問題視し、第三者委の設置を要望し18年に調査が始まった。第三者委は報告書で、自殺の原因を「教諭の叱責」と認定し、再発防止策の作成を提言した。
その後両親は関係者の処分と謝罪を求めてきたが県教委から十分な説明が得られず、報道陣に公表する面談を要望。この日を含め3回の面談を重ね、教諭の指導の原因や調査が遅れた理由などについて詳細な説明が得られたことから、ようやく謝罪を受け入れることになった。鍵本芳明教育長は「自殺を防ぐ体制ができていなかったことやその後の調査が遅れたことについて大変申し訳なかった」と謝罪した。
◇退職者は処分せず
一方、県教委は21年11月に教諭を停職3カ月の懲戒処分とし、当時の教育長ら退職済みの職員は処分せず、謝罪も要請できないとした。これについて両親は「関係者が退職するまで対応が遅くなったのも県教委の責任だ。自ら謝罪を申し出るのが元教師としてのあるべき姿ではないか」と訴えている。
また、生徒が亡くなってから第三者委の調査が始まるまで6年もかかった理由について、この日の面談で県教委は「報道で明るみに出なければ、第三者委員会は設置しなかった可能性もある」との見解を示した。両親は「隠蔽(いんぺい)体質のある組織だと改めて感じた」と指摘する。
(毎日新聞の記事から引用)


何度も書いているように、戦前の学校教育に政治や軍が介入した事態を反省し、教育行政の独立と中立を確保するため、教育委員会制度が導入されました。教育の人事も教育委員会が担当し、知事や市長といえども介入できない仕組みになっています
ただ、これが上記のような事件とその隠蔽を招く温床となっており、教育現場の腐敗につながっているわけです
県議会が問題の野球部監督だった教師を議会に喚問し、証言を求めようとするならば、教育委員会は「政治による不当な教育現場への干渉」だと開き直り反対するでしょう。替わりに教育長が議会で要領を得ない答弁を繰り返し、有耶無耶にしようとするのでしょう
ただ、県知事がまったく教育行政に口出しできないわけではなく、予算審議など通じて教育改革(教員改革)を遂行するよう教育委員会に働きかけるのは可能です。やる気があれば、ですが

(関連記事)
岡山操山高野球部員自殺 部監督を懲戒免職にしない理由
岡山操山高野球部員自殺 部監督は停職3カ月処分
岡山操山高野球部員自殺 教員のパワハラが原因
大分竹田高校体罰死事件を考える 顧問の独善
岩手県立高体罰事件を考える 顧問教師の責任は?
岩手県立高体罰事件を考える 生徒の自殺
チア練習で下半身不随 高校に賠償求め提訴
バレーボール部顧問 女子部員への体罰で逮捕
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202206article_52.html
小学生バレーボール部監督 体罰で永久追放
児童を黒板に叩きつけた教師に有罪判決
児童の頭を黒板に叩きつけた教師 停職処分で辞任
児童を黒板に叩きつける 豊橋の小学校教諭
福井中学生自殺 担任の?な釈明
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師
体罰教師 5度目で停職処分
体罰は必要だとする産経新聞の記事
大阪の中学 桜宮高校の元体罰教諭をコーチに招く
桜宮高校体罰教師に執行猶予判決
桜宮高校の体罰教師起訴 平手打ちのビデオ
体罰教師はなぜ体罰を繰り返すのか 研修も中身なし
桜宮高校 体罰の元教師がテレビで謝罪
桜宮高校 自殺生徒が顧問に書いた手紙
桜宮高校 顧問の処分軽減の嘆願書に1100人が署名
桜宮高校 体罰教師は土下座していた
桜宮高校 体罰教師は今何をしているのか?
桜宮高校 体罰を隠蔽する校長
桜宮高校 体罰で生徒が自殺
髪の黒染強要で生徒が不登校 大阪府立懐風館高校
髪の黒染強要 教育長謝罪も訴訟で争う構え
髪の黒染強要 違法性なく学校の裁量と判決
中学教師体罰 全治3カ月の重傷で逮捕
中学体罰教師 上野宝博を傷害で起訴

この記事へのトラックバック