林真須美死刑囚の孫殺害 木下容疑者は保護責任者遺棄致死なのか

林真須美死刑囚の孫にあたる鶴崎心桜さん(16歳)が実母と義理の父親から暴行を受け死亡した事件の続きです
逮捕された木下匠容疑者は、保護責任者遺棄致死容疑となっています。心桜さんが衰弱していたのに医療機関で診察を受けさせず死亡させた、という容疑ですが、実際はどうなのでしょうか。繰り返し暴行を加え死に追いやったのですから、傷害致死罪容疑か、あるいは死んでも構わないという未必の故意があったとして殺人罪に問うべきではないかと思います
ちなみに保護責任者遺棄致死罪の場合は3年以上20年以下の懲役刑となり、執行猶予付き判決というケースはほとんどありません。それだけ保護責任者の罪は重いのです。傷害致死罪の場合は3年以上の有期懲役(上限は30年)で、無期懲役や死刑はありません
さて、林真須美死刑囚の夫である林健二が取材に応じ、木下容疑者について語っています。長女の夫に当たるのですが、会ったことはないのだとか


木下容疑者の逮捕について、Aさんの父親で林眞須美死刑囚の夫でもある林健治氏が口を開いた。
「2月16日の午後2時半ごろだったかな。和歌山県警捜査一課の担当者から電話があって。昨年6月に孫の心桜が亡くなっていた件で、その被疑者を逮捕したっていう話やった。被疑者って誰ですか? って聞いたら、同居していた父親だと。Aはもうこの世にいないから、詳しい話は分からん。今後裁判になったら、死人に口無しでAに責任を押し付けるかもしれんな。警察もそこのところはある程度予想しているだろうから、おかしな展開にならないことを祈ってる」
健治氏と木下容疑者は義理の父子関係になるが、面識はなかったという。
「娘のAとも長いこと会っていなかったし、その再婚相手がどんな男かも知らんです。できたらいっぺんその男に会って話してみたいな。どういう形でそういうこと(虐待)したのか。報道によれば、心桜はご飯も与えらずに衰弱していたって。そこまでする動機が聞きたい。理由によっては、殴ってやりたいな。ただ邪魔だったってだけだったら、辛抱できないよ。16歳の女の子がアザだらけだったなんて、なぜそんな凶悪なことができるのか……。最近はニュースでも、小さな子供を寒い中ベランダに出してご飯をあげなかったとか、そういう話ばっかりや。信じられないよ」
容疑者逮捕の一件は、「おそらく眞須美の耳にも入っていると思う」と話す健治氏。獄の中で、いま何を思うか。
(NEWSポストセブンの記事から引用)


現時点で木下匠容疑者は派遣社員の40歳と判明しているだけで、どこに勤務していたのか、どのような人物であったのか不明です
フェイスブックに木下匠名義のものがあるそうですが、2015年以降更新されていないそうですから、参考にはなりません。ギターを構えている写真が載っているところからすると、ロック好きだろうと推測できる程度です
当然、40歳になるまで人生いろいろですから、過去に結婚歴があったりするのでしょう。いずれ週刊誌が木下容疑者の過去を掘り返し、記事にするはずです
別の報道では、「心桜さんが嘘をつくから殴った」と木下容疑者は申し立てているそうです。それこそ死人に口なしで、自分は善意の第三者であるかのごとくべらべらと自己弁護を並べるはずです
いきなり見知らぬ男が自宅に入り込み、父親面を始めたところで馴染めるはずはないのであり、距離を置いて様子を伺うのは当然でしょう。ましてや暴力をふるうような男に親近感を抱けるはずはありません。心桜さんにとって毎日が地獄だったはずです
それを和歌山の児童相談所は「問題なし」として介入もせず、家庭訪問もしなかったのですから呆れます。心桜さんのあざだらけの身体を見ても、「問題なし」と言い放ちそうな気がします

(関連記事)
林真須美死刑囚 週刊誌を訴えるも棄却される
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202207article_44.html
林真須美死刑囚の孫虐待死 県が検証委員会設置
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202204article_18.html
林真須美死刑囚の孫殺害 虐待の理由は
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202203article_15.html
林真須美死刑囚の孫 壮絶虐待死で義父逮捕
林真須美の長女自殺 家庭内で壮絶な虐待
林真須美の長女自殺 その後どうなったのか?
林真須美死刑囚の長女 娘を虐待死させたので自殺か?
林真須美死刑囚 再審請求の行方
林真須美死刑囚 再審請求(第二次)を考える
林真須美死刑囚「第三者の犯行と主張」して再審請求
和歌山カレー事件再審請求 大阪高裁も棄却
和歌山カレー事件 「20年目の真実」と称する幻想譚
和歌山カレー事件 林死刑囚に動機はないのか?
和歌山実業家怪死事件に口出す和歌山カレー事件林健治
林眞須美死刑囚の長男が語る「家族」
和歌山毒カレー事件 再審請求を棄却
林眞須美死刑囚長男インタビュー
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
和歌山毒入りカレー事件から15年
毒入りカレー事件 林真須美の再審請求
和歌山毒入りカレー事件の判決を聞いて
和歌山毒入りカレー事件判決 その後
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3

この記事へのトラックバック