岡山女児虐待死を考える 布団巻にして脳死状態に

岡山で5歳の女児が母親の内縁の夫から虐待を受け、殺害された事件の続報です
周囲から虐待されているとの通報がたびたびあったにも関わらず、この女児の命を救えなかったのは痛恨の極みでしょう。児童相談所は「対応に誤りはなかった」と強弁していますが、大失態であるのは言うまでもありません


岡山市の住宅で5歳の女児を鍋の中に長時間立たせたなどとして母親と内縁の夫が強要容疑で逮捕された事件で、女児は昨年9月に搬送される前、体を布団でぐるぐる巻きにされた状態だったことが捜査関係者への取材で分かった。岡山県警はこの状態で放置され、呼吸が困難になっていた可能性があるとみている。
女児は西田真愛(まお)ちゃん。昨年9月の搬送時に脳死状態と診断され、今年1月に低酸素脳症で死亡した。死亡時は6歳だった。
県警が9日に逮捕したのは、真愛ちゃんと同居する実母の西田彩容疑者(34)=岡山市北区花尻=と内装工の船橋誠二容疑者(38)=同市南区築港新町2丁目=。逮捕容疑は昨年9月10~23日に計5回、真愛ちゃんの顔を殴るなど暴行し、椅子の上に置いた鍋の中に約3~6時間ずつ立たせたというもの。裸の上半身に液体をかけ、扇風機の風を当て続けることもあった。船橋容疑者は容疑を認め、西田容疑者は「私がやったことではない」と否認しているという。
真愛ちゃんは逮捕容疑の虐待直後の同25日、西田容疑者の119番通報で搬送された。目立った外傷などはなかったという。捜査関係者によると、真愛ちゃんは搬送前、布団にぐるぐる巻きにされて意識不明の状態だった。県警はこの虐待にも両容疑者が関与した疑いがあるとみて、約4カ月後に死亡したこととの因果関係を慎重に調べる。
(朝日新聞の記事から引用)


実母の西田彩容疑者は真愛ちゃんが虐待されているのを目の前で見ていながら、止めようとはしなかったのでしょう。なぜ、止めなかったのかは理由は不明です
止めたりすれば船橋容疑者が腹を立て、同棲が解消されるのを恐れたのかもしれません。今のところ、船橋容疑者が西田容疑者に暴力をふるっていたという報道はないようです
さて、虐待の様子を船橋容疑者は撮影していたと、別の報道には書かれています。動画を撮影して何をするつもりだったのか?
先の栗原心愛ちゃんの虐待事件でも、父親は虐待の様子をスマートフォンで撮影していました。推測するに、「おまえの恥ずかしい姿を動画を撮影してやったぞ」と勝ち誇るためであり、また繰り返し再生して性的な快楽に浸るためでもあったのでしょう
船橋容疑者も5歳の女児をいたぶり、その様を撮影して喜ぶ変態だったと考えられます。児童ポルノとして販売する目的だとは思いませんが(動画を撮影し所持しているだけで児童ポルノ作成になり、違法になります)
いずれにせよ、こどもの虐待死事件でその刑罰が軽すぎるのは重大な問題です。裁判所は判例至上主義であり、過去の判決よりも重い刑罰を課すのに消極的です。たとえ一審で重い刑罰を科しても、二審の高等裁判所は判例に反するとして過去の量刑と同等の判決を言い渡すのが常です
なので、船橋容疑者も栗原心愛ちゃん殺害の栗原慎一郎受刑者と同等の懲役16年の判決になるものと予想します

(関連記事)
岡山女児虐待死を考える 船橋被告に懲役14年判決
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501173891.html
岡山女児虐待死を考える 船橋被告に懲役18年求刑
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501124963.html
岡山女児虐待死を考える 公判で明かされた虐待
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501111056.html
岡山女児虐待死を考える 初公判で犯行を認める
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501064447.html
岡山女児虐待死を考える 第三者委員会報告
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/496589483.html
岡山女児虐待死を考える 捜査は終結したものの
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202204article_27.html
岡山女児虐待死を考える 監禁致死と強要罪で起訴
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202203article_44.html
岡山女児虐待死を考える こどもを守る責任
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202203article_14.html
岡山女児虐待死を考える 殺意はなかった?
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202203article_2.html
岡山女児虐待死を考える 全裸でいたぶり続ける
小2女児をトイレに行かせず蹴る 傷害で逮捕
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202203article_36.html
目黒女児虐待死事件を考える 義父に懲役13年の判決
目黒女児虐待死事件を考える 「父親になろうとした」と繰り返す被告
目黒女児虐待死事件を考える 「こどもに問題があった」と主張
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 母親の初公判
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 性的虐待を把握
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 行政の稚拙な対応
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
暴力夫に尽くす妻 共依存
埼玉虐待防止条例で非難轟々 自民党県議団
八戸5歳児虐待死 児童相談所の対応が疑問だらけ
八戸5歳児虐待死 冷水を浴びせ続ける

この記事へのトラックバック