神戸弘陵高生徒殺し 泉容疑者を起訴

「起訴されるのか」と当ブログで書いた神戸弘陵高生徒殺しの容疑者泉龍都ですが、神戸地検が1月28日付けで起訴したと報じられています
精神鑑定のための鑑定留置に踏み切ったものの、その後は続報もない状態でした
サンテレビの記事によれば、通常3カ月ほどの鑑定留置を延長し、なんと5カ月にも及んだのだとか
それだけ、泉容疑者の精神鑑定に手間取る何かがあった、のかもしれません。結果としては刑事責任能力に問題はない、との鑑定結果が示されたのですが
犯行時は未成年ですが、現時点で29歳になっているため容疑者の名前は実名で表記しています


神戸市北区で2010年10月高校2年生の堤将太さんが刺殺された事件で神戸地検は1月28日刑事責任能力に問題はないとして殺人罪で起訴しました。
この事件は2010年10月、神戸市北区筑紫が丘の路上で高校2年生の堤将太さん(当時16)が刃物で刺され殺害されたもので、事件から10年10カ月が経った2021年8月に兵庫県警は事件当時17歳だった愛知県のパート従業員の男(29)を殺人容疑で逮捕しました。
男は容疑を認めているということで、神戸地検は刑事責任能力があるかどうかを調べるため2021年8月から鑑定留置を行っていました。 鑑定留置は期間を延長し、約5カ月間行われ1月24日に終了。 神戸地検は刑事責任能力に問題はないとして勾留期限を迎える28日、殺人罪で起訴しました。
(サンテレビの記事から引用)


書くまでもないのですが、精神鑑定が長引けば追加料金が発生します。それは検察庁の予算で賄われ、つまるところ国民の税金が使われます
精神障害が疑われるケースでは起訴前に精神鑑定を実施するのが恒例になっており、さらに裁判で精神鑑定結果に疑問が突きつけられれば裁判所の職権により2度目の精神鑑定が実施されます。これは裁判所の予算で賄われるのですが、国民の税金が使われるのは同じです
あるいは1審判決を不服として控訴し、さらなる精神鑑定を求めるケースもあって3度目の精神鑑定が実施された事件も過去にはありました
そうやって精神鑑定を2度も3度も実施するのは無駄だと思うのですが
話を戻します
犯行時未成年であった泉被告ですが、精神障害あるいは発達障害で情状を斟酌する必要がなければ、懲役10年は求刑されるでしょう
別の報道によれば、「夜中に女の子と一緒にいるのを見て腹が立った」と動機を説明しているようです
それがすべてではないにしても、複雑な背景があるようには考えられません(被害妄想とか、強迫的な殺人衝動とか)ので、あとは裁判官の判断次第です
10年間も逃げ続けるより、事件時にすぐ自首すればと思うのですが。自首していたのであれば、懲役5年以上7年以下の不定期刑くらいだったのではないかと考えます。泉被告にとってこの10年はどのようなものだったのやら

(関連記事)
神戸弘陵高生徒殺し 2度目の精神鑑定実施へ
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202209article_52.html
神戸弘陵高生徒殺し 再度の精神鑑定要求
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202208article_9.html
神戸弘陵高生徒殺し 少年扱いで匿名のまま公判か
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202206article_49.html
神戸弘陵高生徒殺し 犯行時少年で現在は29歳
神戸弘陵高生徒殺し 容疑者泉龍都は起訴されるのか?
神戸弘陵高生徒殺し 事件を小説に書いていた
神戸弘陵高生徒殺し 異様な素顔と書く「AERA」
神戸弘陵高生徒殺し 10年越しに犯人逮捕
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
英国女性殺害 無期懲役判決にも市橋被告は無反応
英国女性殺害 市橋被告「逃げるのは当然」
英国女性殺害 市橋容疑者の黙秘
「おい、小池」逃走中の殺人犯 11年目で病死
指名手配の現在
オウム真理教平田容疑者逮捕を門前払いした警察

この記事へのトラックバック