大阪女児誘拐事件を考える 懲役24年を求刑

2019年11月に大阪市住吉区の小学6年の女児(12歳)をSNSを通じて誘い、栃木県小山市の自宅に監禁した容疑で逮捕された伊藤仁士被告の論告求刑公判があり、水戸地検は懲役24年を求刑しています
伊藤被告は逮捕時、自宅に茨城県から誘拐してきた女子中学生も監禁していたと発覚しており、2人の未成年者誘拐になるのですが、懲役25年というのは殺人事件や強盗事件でないと目にしない長期の求刑です
報道されている以外にも何か罪状があったのでしょうか?


SNSで知り合った大阪市の女児と茨城県の女子中学生を誘拐したとして、未成年者誘拐や強制性交などの罪に問われた栃木県小山市、無職伊藤仁士被告(37)の公判が26日、水戸地裁(中島経太裁判長)であった。検察側は「計画性が高く、(被害者の)人格や尊厳を蹂躙(じゅうりん)した」として懲役24年を求刑した。
起訴状では、伊藤被告は2019年11月、当時12歳の女児に「ぼくは君にきてほしいけど」などとメッセージを送信。大阪市内の公園に誘い出し、自宅まで連れ去ったとしている。同年5~6月には女子中学生を誘拐し、自宅で乱暴したなどとしている。
(読売新聞の記事から引用)


今のところ報道しているのが上記の読売新聞だけなので、求刑の根拠がよく分かりません。既に報じられている分としては、監禁していた女子中学生に対する強制性交罪です
埼玉県朝霞市の女子中学生を誘拐し、監禁した寺内樺風受刑者は強制性交も含めて懲役12年の判決でした。新潟県で9年にも渡って少女を監禁し、強制性交を繰り返した佐藤宣行元受刑者は懲役14年です。どちらも被害者は1人ですが、監禁は長期間に及んでいます(佐藤元受刑者に関しては9年も監禁しておいて懲役14年は短すぎる、との批判が相次ぎました)
被害者が2人とはいえ、伊藤仁士被告に対する求刑が懲役24年というのは異例と感じます
小学6年の被害者に対しても強制性交を繰り返していたのかもしれません。であればまさに鬼畜の犯行です
それだけの犯行をなしてもなお、「保護していただけ」と言い張っているのですから
求刑の背景など分かりましたら追記します
追記:本日になって(1月27日)各メディアの報道が出揃っていますが、求刑が懲役24年にもなった根拠・理由について触れている記事は今のところ見当たりません
最終弁論で弁護人は、「被告は2人の少女を自殺から救うためにやむをえず自宅に呼んだもので、誘拐したとは言えない」と主張し、伊藤被告も「女子中学生とは真剣に交際しており結婚するつもりだった」と述べています。が、結婚するつもりだろうがどうであろうが、中学生と性交したのはアウトです。もう1人の被害者である女子小学生と強制性交があったかどうか、報道は触れていません。判決は3月22日に言い渡されます

(関連記事)
大阪女児誘拐事件を考える 控訴審も悪態を吐く被告
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/494738960.html
大阪女児誘拐事件を考える 伊藤被告に懲役20年
大阪女児誘拐事件を考える 洗脳手段学んで実行
大阪女児誘拐事件を考える 保護ではなく監禁
大阪女児誘拐事件を考える 裁判でのやり取り
大阪女児誘拐事件を考える 初公判「誘拐はしていない」
大阪女児誘拐事件を考える 起訴するも初公判はまだ
大阪女児誘拐事件を考える 「家に帰りたくない」
大阪女児誘拐事件を考える 通行人に助けを求めなかった?
大阪女児誘拐事件を考える 中学時代は優秀とか
大阪女児誘拐事件を考える 「誘拐するつもりはなかった」
新潟少女監禁事件を考える1 犯人の異常行動
新潟少女監禁事件を考える2 警察の失態
新潟少女監禁事件を考える3 佐藤宣行の精神鑑定
新潟少女監禁事件を考える4 刑務所を出所
カリフォルニア少女監禁事件 禁固431年の刑
性犯罪被害者へ18億円の保証金支払い
倉敷女児行方不明事件 懲役6年6月の判決
倉敷女児行方不明事件 「自分好みに育てたかった」
倉敷女児行方不明事件 公開捜査も手がかりなし
埼玉失踪少女事件を考える1 2年間も監禁状態
埼玉失踪少女事件を考える2 犯行計画
埼玉失踪少女事件を考える3 寺内容疑者の父が謝罪
埼玉失踪少女事件を考える4 「なぜ逃げ出さなかったのか」という疑問
埼玉少女失踪事件を考える5 量刑は懲役3年?
埼玉失踪少女事件を考える6 寺内被告初公判
埼玉少女失踪事件を考える7 誘拐の目的
埼玉少女失踪事件を考える8 単なる同棲だとする説
埼玉少女失踪事件を考える10 懲役15年求刑
埼玉少女失踪事件を考える13 控訴審は懲役12年の判決
10歳女児2人に手錠をかけ暴行 懲役11年
小4女児誘拐で懲役10年の判決

この記事へのトラックバック