伊藤詩織さん強姦事件 控訴審も山口元記者敗訴

意地のぶつかり合いとも言うべきなのか、ジャーナリスト伊藤詩織さんと山口敬之元記者の民事訴訟が続いています。控訴審の判決が示され、山口元記者には賠償金332万円を支払うよう命じています
他方で、レイプドラッグを飲まされたと著書に書いていた伊藤詩織さんには「根拠がない」と裁判所が判断し、山口元記者に55万円を支払うよう命じています。山口元記者としては伊藤さんの訴え(レイプされた、という)を否定し、合意の上だったとして名誉毀損で1億3000万円の賠償を請求していたわけですが、判決で得られたのは55万円でした。もちろん、山口元記者にすれば金額の問題ではなく、政治記者としての信用、立場を失い、活躍の場を失ったのですから、逸失利益は1億3000万円以上だったのでしょう


ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者のジャーナリスト・山口敬之さんから性暴力被害にあったとして、慰謝料など1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(中山孝雄裁判長)は1月25日、330万円の賠償を命じた1審・東京地裁判決を変更し、賠償金を約332万円に増額する判決を言い渡した。
また、伊藤さんがおこなった記者会見などについて、山口さんは名誉毀損だとして慰謝料など1億3000万円と謝罪広告を求めて反訴していたが、東京高裁は、デートレイプドラッグに関する言及が名誉毀損とプライバシー侵害にあたるとして、慰謝料など55万円の支払いを伊藤さんに命じた。
●これまでの経緯
1審の東京地裁判決は、山口さんの供述について「不合理に変遷しており、信用性には重大な疑念がある」と指摘。伊藤さんの供述から、山口さんが合意のないまま性行為に及んだと認定した。山口さんの反訴については、「公共性および公益目的がある」として棄却していた。
控訴審の第1回弁論は2021年9月21日におこなわれ、その日のうちに結審していた。控訴審では新たな主張等はされておらず、一審と同様、性行為の同意があったかどうかなどの事実関係が主な争点だった。
(弁護ドットコムの記事から引用)


安倍、菅の2人の首相と親しかったとされる山口氏ですが、ジャーナリストとして表舞台に顔を出せない状況が続いています
控訴審の敗訴で、なおも立場は苦しくなったと言えるのでしょう
ただ、タニマチとされる企業経営者から報酬を受け取っていると週刊新潮に書かれていましたので、暮らしには不自由していないのかもしれません
山口氏側が控訴審判決に不服であり、最高裁に上告すると述べてますので決着はさらに先の話となります
伊藤さんは一審東京地裁に続いて自分の主張が認められたとして勝利宣言しています。ただ、この争いは彼女が本来望んでいたジャーナリストとしての活動とは縁遠いものだったはずです。現在、女性の性被害を訴える旗頭のような立場にあるとしても、それは伊藤さんが活躍したいと思っていた政治問題や国際問題とはかけ離れたものです
2人ともが意に反して、別の道へ迷い込んでしまった感があります。もちろん、だから「訴訟をやめろ」などと言うつもりはありません
泣き寝入りをせずに戦うとは、こうした姿なのだと感じた次第です

(関連記事)
杉田水脈政務官 過去の差別発言を撤回
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/494371175.html
伊藤詩織さん中傷で杉田水脈衆院議員敗訴
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202210article_41.html
伊藤詩織さん強姦事件 山口元記者の懐事情
伊藤詩織さん強姦事件 山口記者擁護者の右往左往
伊藤詩織さん強姦事件 山口敬之記者は民事で敗訴
「新潮45」休刊へ 杉田水脈擁護で批判浴び
杉田水脈論文事件を考える 性をどう語るか
木下ほうか 週刊誌を民事で提訴
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202204article_38.html
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
俳優新井浩文の強姦事件 懲役5年の判決
俳優新井浩文強姦、逮捕の影響
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
強姦の元NHK記者 懲役21年の刑確定
酔った女性を強姦 最高裁も逆転有罪判決支持

この記事へのトラックバック