「劇場版 呪術廻戦0」興行収入100億円突破確実

年末年始に公開予定の映画の中で大ヒット確実と言われた「劇場版 呪術廻戦0」が好調な滑り出しを見せ、興行収入100億円超えは確実と報じられています
ビジネスとしては大成功なわけですが、作品としてのクオリティはどうなのか気になります
「鬼滅の刃」や「東京卍リベンジャーズ」など、人気コンテンツが相次いでおり、コミックやアニメ、実写映画で売上を伸ばしているのは事実ですが、この状況を喜ぶべきなのか悲観するべきなのか、判断に迷います


アニメ映画「劇場版 呪術廻戦0」(朴性厚監督)初日舞台あいさつが24日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた。配給の東宝は席上で、同日午後3時時点の動員集計の段階で観客動員100万人超えと、週末3日間の座席予約状況から、今後の興行収入(興収)100億円突破は確実だと発表した。最終的な興行成績は、予測不能と説明した。
主人公・乙骨憂太を演じた声優緒方恵美は、成績の予測を聞き「初日で!?」と仰天した。劇中で描かれる“百鬼夜行”の決行日である12月24日に向けた初日は、午前0時に全国7大都市14劇場で最速上映が行われ、1万枚を超えるチケットが即日完売したという。緒方は「たまたま最速上映の時間帯に新宿を通過中だったので、最速上映のエンディングに、こっそり、その辺の通路から拝見しました」と、お忍びで最速上映に足を運んだと明かした。その上で「画面(劇場内のスクリーンに映っていたもの)はクレジットだけだったんですけど、お客さんが泣いてくださった。誰も立たず、見てくださったので、そういう気持ちになったのかなと」と観客に感謝した。
“百鬼夜行”を実行する最悪の呪詛師・夏油傑を演じた櫻井孝宏は「100万人!? 100億円!? 数字がすごすぎてピンときていない。でも、それくらい狙えると思うクオリティー」と太鼓判を押した。
「劇場版 呪術廻戦0」は2018年(平30)3月から「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の、芥見下々氏の漫画「呪術廻戦」シリーズ初のアニメ映画作品。テレビアニメシリーズは20年10月2日からTBS系で放送(金曜深夜1時25分)しているが、今作はテレビアニメシリーズの前日譚。「週刊少年ジャンプ」の増刊「ジャンプGIGA」で2017年(平29)に連載された、芥見氏初の連載漫画「呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校」、通称“0巻”を映画化したことで注目されている。幼少の頃、幼なじみの祈本里香(花澤)を交通事故で目の前で失った乙骨(緒方)は、怨霊と化した里香の呪いに苦しみ、慈雲の死を望んだが最強の呪術師・五条によって呪術高校に迎え入れられ「僕は呪術高校で里香ちゃんの呪いを解きます」と誓う物語。
原作は明日25日発売の18巻でシリーズ累計発行部数6000万部を突破する。
(日刊スポーツの記事から引用)


「呪術廻戦」は呪いを扱った異能バトルですが、そこまで売れる要素があったのかどうか?
「東京卍リベンジャーズ」はヤンキーのバトル物で、こちらも少年マガジン伝統のヤンキー路線を踏襲したもので、とてもメジャーな漫画とは言い難い感があります
それでも多くの読者、視聴者を集めたのは事実ですから、受け入れられる要素が作品の中にあったと解釈するべきなのでしょう(ただ、自分には作品の魅力がよくわかりません)
ともあれ、「呪術廻戦」は劇場版がヒットしたので、アニメの第2期が確定的であり、さらに劇場版も作られるのでしょう
さて、最後に今年公開された劇場版アニメーションと漫画原作の実写映画の興行結果をざっと振り返っておきましょう

シン・エヴァンゲリオン劇場版   102億円
名探偵コナン 緋色の弾丸     76億円
竜とそばかす姫          65億円
東京リベンジャーズ        44億円
るろうに剣心 最終章       43億円
STAND BY ME ドラえもん2        27億円
煙突町のプベル          27億円
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ  22億円
劇場版ポケットモンスター ココ    20億円
銀魂 THE FINAL            19億円
映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園 17億円

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」や約半年かけて100億円の大台に到達したのを考えると、「呪術廻戦」があっさり100億円に到達しようという現象がいかにすごいのか、わかります
追記:公開から3日間で26億9千万円の興行収入を記録したと報じられています。これは「鬼滅の刃 無限列車編」に次ぐ数字です

(関連記事)
英BBCが「劇場版呪術廻戦0」を褒める
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202204article_23.html
「日韓関係改善の切り札は『呪術廻戦0』」という記事
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/202201article_30.html
「内向きに閉じた日本のマンガ市場」という批判
記事「日本のマンガ、実は世界でウケてない」への反論
「オタク文化」の幻想と危機的状況と書く日刊サイゾー
日本アニメは文明の衝突? 「カウボーイビバップ」コケる
「日本アニメはディズニーを目指せ」という無茶な提言
英国をゆるがす日本のカワイイ文化
「君の名は。」が中国で大ヒットした理由 BBC
映画「えんとつ町のプペル」 高評価と批判
「中国アニメが日本を追い越す日」という記事
「日本アニメが中国製に負ける日」と書く陳腐なコラム
「新世紀エヴァンゲリオン」を世界はどう観たのか?
「エヴァンゲリオン」を巡る言説 賛否の行方
大塚英志 「エヴァンゲリオン」を語る
エヴァンゲリオン 家族を問う物語
「セーラームーン」の時代変化 美少女と恋愛
「セーラームーン」百合カップルは放送NG
日本のアニメは暴力的で卑猥と批判する中国
日本と米国のアニメの違い「テーマと暴力シーン」
韓国アニメ「整形水」が日本で人気、と書く韓国メディア
韓国アニメ界を吹き飛ばした作品「アルマゲドン」

この記事へのトラックバック