池袋暴走事故 90歳で刑務所に収監

池袋で暴走事故を起こし、禁錮5年の実刑判決が確定した飯塚幸三被告が東京地検に出頭し、東京拘置所に収監されました。今後、拘置所内で身体の状態など診察を受け、服役生活に問題がないと判断されれば受刑生活が始まります。関東地方で交通事犯で収容される場合は市原刑務所に送られる場合が多いのですが、飯塚被告は持病の治療が必要ですから東京都昭島市にある東日本成人矯正医療センターに送られるものと推測します
一部のメディアは90歳になる飯塚被告が刑務所に収監されることはない、との記事を掲載していました。ですが、よほどの重篤な病人でもない限りは、高齢者といえど例外なく刑務所に収監されます


2019年の東京・池袋暴走事故で自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ、禁錮5年の実刑判決が確定した旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三元被告(90)は12日、東京地検に出頭し、東京拘置所に収容された。出頭前、支援者を通じ「暴走は私の勘違いによる過失。ブレーキとアクセルを間違えた結果だった。過失を反省するため、刑に服してまいりたい」と初めて過失を認めるコメントを出した。
正午すぎ、自力歩行できない元被告は運転手らに支えられながら自宅の駐車場でタクシーに乗り込んだ。帽子を深くかぶり表情はうかがえず、報道陣が車内にカメラを向けると右手で顔を隠した。車は検察庁に向かった。
支援者によると、自宅を出る直前の元被告から「今日出頭になります」と電話があった。緊張した声で「家族のことを引き続き頼みます。あとはメールします」と言葉少なだったというが、届いたメールには過失を認めるコメントがつづられていた。
東京地裁は9月2日、アクセルとブレーキを踏み間違えた過失が事故原因と認定し、禁錮5年の判決を言い渡した。元被告は公判で遺族や被害者に謝罪したものの、自らの過失については一貫して認めず、車の異常が原因として無罪を主張し続けた。しかし、判決後に面会した支援者には「遺族に申し訳ない。判決を受け入れたい」と話し、控訴しなかった。検察側も控訴せず、同17日に判決が確定した。
一転して過失を認めたことについて、支援者は「自身の家族のこともよく考えた上での行動だと思う」と語った。
東京拘置所に収容された元被告は今後、健康状態を確認して刑務所に入る手続きが進められる。刑事訴訟法は「著しく健康を害するときや生命を保てない恐れがあるとき」や「70歳以上」の場合に刑の執行を停止できると規定しているが、元被告は執行停止を求めない意向を周囲に示していた。
(スポーツ報知の記事から引用)


記事にもあるように「70歳以上」の場合刑の執行を停止できるとの規定は存在しますが、70歳以上なら無条件に執行停止されるはずもなく、検察官が執行停止と判断した場合に限られます
懲役刑や禁固刑の刑期を定めるのは司法(裁判所)の役割ですが、刑を執行するのは行政の仕事です。法務省の統計では2020年、刑務所に服役していた受刑者で刑の執行停止により出所した者は22人であり、その多くは重篤な精神疾患や末期ガンなど抱えた者で、外部の病院で専門的な治療を受ける必要があると判断されたケースです
世の中には実態を調べもせず、80歳以上は刑務所に入らずに済むとか、刑務所に服役していても90歳になったら釈放されるとか、都市伝説めいたデマを飛ばす人がいまので、気をつけましょう
ただし、飯塚被告にも仮釈放は適用されますので、刑期の3分の1を経過し、受刑態度が良好であれば仮釈放審査の対象となります(審査の対象となるだけであり、必ず仮釈放されるとは限りません)。飯塚被告の場合、禁錮5年(60月)ですから、20月を経過すれば仮釈放の機会があります

(関連記事)
池袋暴走事故 被告は控訴せず実刑確定
池袋暴走事故 実刑判決でも謝罪拒否
池袋暴走事故 飯塚被告の判決はどうなるか
池袋暴走事故 飯塚被告「刑務所に入る覚悟ある」
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
前橋女子高生死亡事故 控訴審で禁錮3年の判決
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
交通死亡事故の米兵 日本の裁判に不満
横断歩道で小学生2人死傷 運転の男に禁錮5年判決
3人死傷事故 運転の90歳に禁錮3年判決

この記事へのトラックバック