韓国の建築業界「最大の危機」

景気低迷に悩む隣国、韓国のメディアが建設業界の危機を憂慮するコラムを掲載しているのですが、中身は誤解と自惚れに満ち溢れたイタい内容に成り果てています
中央日報日本語版の記事を引用しつつ、紹介します

最大の危機を迎えている韓国の建設産業、希望は…

話の枕として建築界のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞をこのたび受賞した日本人建築家伊東豊雄を登場させているのですが、問題はその次です

韓国の建設産業も日本を追う立場だが、量と質で世界最高レベルだ。昨年を基準に海外建設規模は世界7位。海外建設で稼いだ金額は半導体と自動車の輸出よりも多い。韓国エンジニアの技術レベルも、世界最高層ビルであるドバイのブルジュ・カリファの建設を主導したことで立証された。不可能に近かった高さ828メートルの記録はしばらく破られない見通しだ。

まるでドバイの高層ビルを韓国の建設会社が設計し、施工したかのように書いています。しかし、設計も技術的な監修もアメリカのエンジニアリング企業が担当しており、韓国の建設会社は下請けとして関わっただけです
「質と量で世界最高レベル」だとする認識がそもそも間違っているわけです
さらに話が造船や自動車製造の分野へ飛びます

産業技術力は造船産業が強い。世界船舶市場の39%を占め、韓国造船は世界1位を守っている。船を製造する技術と家を作る技術は一見違うように見えるが、人が滞在する空間をつくるという点で関連性がある。船は動く大きな家だ。このように見れば自動車は動く小さな部屋だ。韓国自動車は米国で市場シェアが2けたに迫るほど品質が認められている。このように空間をつくる技術の量と質で、韓国は現在、世界最高水準に近づいている。

またしても「韓国はすごいニダ」との自惚れ炸裂の文章です
韓国の場合、大型タンカーにしても設計はヨーロッパの企業に丸投げであり、自ら船を設計したりはしません
アジアとの低価格競争に負けたヨーロッパの造船会社が、船の建造から手を引き、設計開発に特化して生き残りを図っていたりします。韓国はそうした会社に設計を依頼しているわけです
ちなみに韓国海軍自慢の大型強襲揚陸艦「独島」も、設計はオランダのタレス社です。広い甲板に大型輸送ヘリが着艦すると、甲板が凹むトラブルがあったのですが、これは設計図を無視して韓国の造船メーカーが手抜きをした結果でした
あるいは韓国海軍の潜水艦もドイツが開発したものであり、そのノックダウン生産を韓国の造船所がやっているだけです
設計図も提供され、製造のノウハウも教えられているのに、韓国の造船メーカーが組みた立てた潜水艦は欠陥だらけであり、数々のトラブルに見舞われて現在に至っています
韓国の造船技術を世界最高水準と称するのは大間違いでしょう
ちなみにこのコラムを書いているのは中央日報の記者ではなく、ソウル市立大学で建築学を講義している教授です
教授自ら、韓国の技術力を見誤っているのですから、現状の分析などまともにできるはずがありません
ここでフランスの人類学者クロード・レヴィ=ストロースを引用し、何やらアカデミックな知識を披露しています

このような多面的な職人は、人類学者クロード・レヴィ=ストロースが『野生の思考』で確立した概念「ブリコルール」につながる。辞典ではブリコルールは器用な人を意味する。文明世界のエンジニアは目的に合う材料と道具がなければ仕事ができない。
一方、野生世界のブリコルールは限られた材料と道具を新しい方式で活用することで現実を突き進んでいく。行動しながら考えるマクガイバーのような存在だ。
番組「ジャングルの法則」に出てくる“ビョンマン族”を思い出すかもしれない。

教授は韓国の建設業界を救う人物として「美学的な発想を持つ建築家の要素と、器用な職人の要素を兼ね備えた人材」が求められている、と言いたいのでしょう
しかし、そんな人材が空から降ってくるわけもなく、むしろそうした人材を育てるのが大学で教えている教授の役割だと指摘したくなります
しかし、この教授にそうした自覚はまったく無いようで、大学では「コルビジェはかくかくしかじかと語ったニダよ」と講釈を垂れるだけなのかもしれません
当事者意識を欠き、空論を弄ぶのが大学教授の仕事のようです
この当事者意識の欠如こそ、危機の根幹の1つでしょう

(関連記事)
ラオスのダム決壊 韓国企業の手抜き工事か
建築のノーベル賞 また日本人(7人目)の受賞を羨む韓国
「建築界のノーベル賞強国日本」と羨む韓国
建築界のノーベル賞「プリツカー賞」受賞 日本人で6人目
ビンラディン殺害と世界貿易センタービルを設計した日系人
中国 地上220階建ての超高層ビル建築へ
上海高層マンション火災 死者58人
中国の不動産バブル 人気のない超巨大ショッピングモール
日本美術と韓国美術
バブル崩壊 中東の楽園ドバイ
韓国大統領「韓国の原発は世界最高水準。安全だ」と強調
韓国が日本に勝った「UAE原発プロジェクト」の裏事情
営業不振が続くソウルの第2ロッテワールド


小さな家―1923
集文社
ル・コルビュジェ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小さな家―1923 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック