「放射線計測機器売ります」 ネット通販詐欺

福島原発事故の影響で、放射線計測器を購入しようとする人が増えており、品薄状態が続いています
そんな不安につけ込んで、商品を仕入れてもいないのにインターネットに「放射線計測器を販売します」と広告を出し、代金をだまし取る詐欺事件が起きています

目に見えぬ放射線を測る「ガイガーカウンター」
東日本大震災に端を発する福島第1原子力発電所の事故以来、「ガイガーカウンター」という言葉をよく耳にする。古くからSF小説などで取り上げられてきた放射線測定器――。インターネットで検索すると、「在庫有ります」「○○○○○円で即納」などの広告が並ぶ。個人がガイガーカウンターなどで計測した放射線量の数値を公開しているホームページも増えている。知名度は高いが詳細はあまり知られていない同装置を解剖してみた。
世界で製品不足、入荷待ち続く
3月の原発事故以降、販売店やメーカーには問い合わせが殺到している。東京・秋葉原で計測器を扱う東洋計測器では、4万8000円のアナログ表示型ガイガーカウンターが約100台、9万8000円のデジタル表示型が300台ほど入荷待ちとなっている。どちらも米国製だ。「事故前は2カ月に1台売れる程度だった。今は世界で不足しており、デジタル表示型が手に入るのは秋口になりそう」(リセール部の柴田泰世次長)という。
ガイガーカウンターを含む各種の放射線測定器を製造する日立アロカメディカルでは、「4月に入って落ち着いたが、3月中は社内の電話が鳴りやまない状況だった」(分析システム営業本部の山田孝一計測システム営業部長)という。企業からだけでなく個人からも、「とにかく放射線を計測できるものを手に入れたい」との問い合わせが相次いだ。
政府などが公開している数値に不安を感じる消費者が多いこともあり、測定器への関心が高まっているようだ。ただ、ガイガーカウンター以外にも放射能の計測機器はあり、価格や性能、用途は実に様々。では放射能計測器の原理や最適な用途などはどういうものなのか。
(中略)
ガイガーカウンターが「できること」「できないこと」
一般消費者が最も心配なのは、食品や飲料が放射能に汚染されていないかどうかだろう。だが、これから食べようとしている食品の放射能が基準値を超えているかを測定するのは、「市販の測定器の精度では難しい」(日立アロカの山田部長)。公的機関などがゲルマニウム半導体検出器などで厳密な環境の下で調べた測定値と、簡便な機器による数値を単純には比べられないからだ。
では市販のガイガーカウンターを使うことにまったく意味はないのだろうか。産総研の齋藤科長は「放射線量が以前よりも増えたか減ったかを比較する目安としては使える」と指摘する。同じ場所で数日前に比べて空間線量率が急に高まったとか、買ってきた食品などものの表面から放射線がたくさん出ているようだ、といったことを知りたいのであれば、一定の目的は果たせるという。
3月の原発事故以降、企業などでは製品輸出の際にサーベイメーターが多く使われているという。海外では各国が定めた基準で、輸入製品の表面の放射線量をチェックする。このため費用がかかる輸出前検査を認証機関に委託する前に、自主的に検査する企業が増えている。
(日本経済新聞の記事から引用)

国や地方自治体が公表している放射線量の計測データを信用できないと感じ、自分や家族の安全のため放射線計測器を買い求めようとする人が大勢いるのでしょう
不安は分かりますが、気にするときりがありません
雨が降れば、雨の中にどれだけの放射線が含まれているのか気になってしまうはずです。また、庭の土の放射線量も気になるでしょう
スーパーで買い求めた野菜や食肉の放射線量も気になるに違いありません
そんなこんなで身の回りのすべての放射線量を計測して回り、なおも不安に悩まされる状態が想像できます
計測したからといって安心できるわけではなく、気がつかないうちに被曝しているのではないか、という不安に苛まれ続けるのです
もちろん、福島県内に在住している人間と、そこから遥かに離れた場所で暮らしている人間とでは状況が違いますので同列に扱うのは不適切ですが
福島原発の影響はなくても、人間は自然界から放射線を浴び続けています
むしろ放射線からの被曝を逃れて生活するのは不可能だ、と言った方がよいのかもしれません
不潔恐怖(潔癖症)の場合、アルコールの除菌スプレーを持ち歩き、何でも除菌しないと気が済まない人もいます
除菌用のアルコールスプレーは数百円で買えますが、放射線量計測器は数万円にもなる高額な品です
被曝の危険がどの程度見込まれる状況なのか、現実をよく検討した上で放射線計測器の購入が必要かどうか、判断するべきでしょう
「隣の家の奥さんが放射線計測器を買った」と聞けば、我が家でも必要だと考える主婦の方もいるのでしょう。「何もせずのんきに構えている場合ではない。自分も何かしなくては」と考えるなら、手っ取り早い解決策が放射線計測器の購入という結論に結びつくのでしょう。が、それで何かが解決したりはしません
結局、日々の測定結果に気をもみ、自然界からの放射線による被曝にも神経を尖らせるだけで、安心には結びつかないという事態も考えられます
放射線量を数値化できても、それは自然界の放射線なのか、福島原発によるものなのかは判別できないからです
「あんたは放射線による被曝の健康被害を理解していない」と言われそうですが、被曝の結果ガンを発症する前に、計測結果に振り回されて精神的に疲弊してしまう危険の方が高いように自分には思えます

(関連記事)
安価な放射線測定器をテスト 正確な値を計測できず
放射能汚染を煽るメディア、反核団体
原発批判は芸能界のタブーなのか? 原発に関わったタレント
放射能が怖い 中国韓国で塩の買い占め騒動
「放射能怖い」 韓国で学校休校
東海テレビ「汚染されたお米セシウムさん」騒動
東海テレビ「セシウムさん」騒動2 常務が謝罪


この記事へのトラックバック