【花帰葬】

知人から「こんな曲があるよ」と教えてもらったものです

「花帰葬」というゲームの中で使われている曲だそうですが、ゲームに関してはまったく疎い

のでよくわかりません

自分の今の気分にぴったりなので繰り返し聞いています

【花帰葬 挿入歌】sorriso(志方あきこ)



さて、相変わらず「人の死」、そして「喪の作業」について考えています

精神分析家メラニー・クラインの著作集第3巻に収録されている論文「喪とその躁うつ状態

との関係」ではフロイトの説をさらに推し進め、「喪の作業」が親しい人の死に遭遇して初め

て体験するものではなく幼少時に経験した抑うつ状態(離乳の際に経験する「自分にとって

よいもの=乳房、から無理やり引き離されることによって味わう悲哀)の再現である、と述

べています(かなり強引なまとめ方ですが)

クラインの洞察、着眼点はさすがだと感嘆するのですが、他方でなんでもかんでも「よい対

象」と「悪い対象」、「よい母親」と「悪い母親」、「よい体験」と「悪い体験」の二元論で考える

のはどうかなと思います

こどもは「自分にとってよいもの」と「自分にとって悪いもの」という具合に、なんでも単純に

二分して考えるとは考えにくいからです

「それはクラインの理論を理解していないからだよ」と言われるかもしれませんが

訃報に接したとき、親しい親しくないに関わらずその死を悼む気持ちが発生します。自分

にとって「よい人」であったかどうか、で判断するのではなく

「生育の中で獲得する社会性に基づく価値観、人生観がそうさせるのだ」とも考えられます

が、よくわかりません。結論は先送りです





花帰葬交響曲
インディーズ・メーカー
2007-03-30
イメージ・アルバム

ユーザレビュー:
よかったです大好きな ...
いいと思うのだけれど ...
一大叙事詩へ 音楽が ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのトラックバック